8月14日、少女時代の約5年振りのカムバックタイトル曲『Forever 1』のミュージックビデオを演出したシン・ヒウォン監督が、自身のインスタグラムで「承諾を得ずデザインを借用してしまい、恥ずかしく申し訳ない」と、デザイン盗用を認めて謝罪した。これにファンは「5年ぶりのカムバックに水を差した」「デビュー15周年というお祭りを台無しにした」と激怒している。

少女時代(SNSD)の新曲、『Forever 1』のミュージックビデオを演出したシン・ヒウォン監督が、デザイン盗用を認めて謝罪した。

5年ぶりのカムバックを果たした少女時代

5年ぶりのカムバックを果たした少女時代(写真提供:©TOPSTAR NEWS)

8月14日、シン監督は自身のインスタグラムに「演出の依頼を受け、企画段階から関与していたが、承諾を得ずにデザインを借用してしまい、恥ずかしくて申し訳ない」と心境を告白。

続きを読む

編集部おすすめ記事blank

サイトの広告について

Danmee(ダンミ)は、収益化の一環としてオンライン広告を展開しております。広告の内容(公序良俗を害するもの)や、可読性の低下につながる広告に関するご意見はこちらのフォームをご利用ください。

この記事と関連度が高いトピック

現在読まれています!

最新記事

RECENT TOPICs