ノ・ミヌとSMエンターテインメント 関連芸能ニュース+α
ノ・ミヌが、SMエンターテインメントを相手取った、1億ウォン台の損害賠償請求訴訟で敗訴したと報じられた。
ノ・ミヌは何でSMを相手に訴訟を起こしたのか?その経緯とSMに戦いを挑んだ芸能人の面々をお伝えする。

歌手兼俳優のノ・ミヌが、前所属事務所SMエンターテインメント(以下SM)を相手取った、1億ウォン台の損害賠償請求訴訟で敗訴した。

ノ・ミヌ

歌手兼俳優のノ・ミヌ(出典:chosun.com)

最高裁2部は、ノ・ミヌが「芸能活動を妨害した」とし、SMを相手に起こした損害賠償請求訴訟で、原告敗訴の判決をした原審を確定したと20日、明らかにした。

SM帝国に訴訟を起こした、ノ・ミヌ

ノ・ミヌ

眼差しが魅力的なノ・ミヌ(出典:chosun.com)

ノ・ミヌは2004年、バンドTRAXのメンバーとしてデビューした後、SMが適切なマネージメントをせず、芸能活動を妨害していたとして、1億ウォン台の損害賠償請求訴訟を、去る2015年に提出した。
ノ・ミヌは2000年にSMと契約を結び、2009年に専属契約解約通知をした後、所属事務所を移籍した。

ノ・ミヌは「SMはTRAXメンバーとしてデビューした後、脱退するまでの企画やマネージメントを適切にしておらず、脱退後はマネージメントを全くしていなかった」とし「むしろ、音楽や演技ができる機会を提供していなかった担当PDや制作会社代表に圧力をかけ、芸能活動を妨害した」と主張していた。

一方、SM側は「ノ・ミヌさんはTRAXを自らの意志で脱退し、日本のマネージメント会社に違約金を払わなければならなかった。しかしその責任を問わずに俳優として活動できるよう、さまざまな支援をした」とし「ノ・ミヌさんは一方的に契約解除を通知し、会社としてはマネージメントを誠実に履行し、芸能活動を妨害することはしなかった」と反論した。

1審と2審はノ・ミヌの主張を認める証拠がないとし、すべて原告敗訴の判決をした。裁判所は「提出された証拠だけでは、SMが専属契約上マネージメント義務を不履行だったこと、芸能活動を継続的に妨害したことを認めるにしては不十分だった」と判断した。

ノ・ミヌは2004年TRAXとしてデビューし、ドラマ『僕の彼女は九尾狐』『パスタ』『マイダス』のほか、映画『霜花店』『鳴梁』に出演し、俳優として活動している。

+α SM帝国に訴訟を起こした、ノ・ミヌ その経緯は?

SMとノ・ミヌが専属契約を結んだのは、18年前の2000年だった。
ノ・ミヌの才能に惚れたSM側が右も左も分からないノ・ミヌと17年という長期契約を提案し、ノ・ミヌ側がその提案を呑んだ形で契約が成立したのである。

芸能活動開始後、少しずつSMと長期契約が不当であると気づいたノ・ミヌが抵抗し始めて、SMとの関係に亀裂が生じるようになった。
SMは事務所として行うべく支援を止めて、ノ・ミヌがSMを出る2009年まで芸能人として、受けるべく支援を受けてないと、ノ・ミヌは主張している。