現地時間13日、米音楽専門メディア、ビルボードが発表した最新チャート(4月17日付)によると、『Film out』は、メインシングルチャート”Hot100″で81位を記録。日本語曲でのチャート入りは、今回が初めてとなる。

BTS(防弾少年団)の日本語曲『Film out』が、米ビルボード・Hot100でチャート入りした。

BTSの日本語曲『Film out』が”Hot100″にランクイン!

BTSの日本語曲『Film out』が、メインシングルチャート”Hot100″で81位を記録!(写真提供:ⓒ スポーツ韓国)

今月13日(以下、現地時間)、米音楽専門メディア、ビルボードが発表した最新チャート(4月17日付)によると、『Film out』は、メインシングルチャート”Hot100″で81位を記録。これでBTSは、『Dynamite』『Life Goes On』『Film out』を、英語、韓国語、日本語の異なる3カ国語で、相次いで”Hot100″にチャートインさせるという、珍しい歴史を刻んだ。

BTSは、昨年7月に発売した、日本4枚目のアルバム『MAP OF THE SOUL:7~THE JOURNEY~』が、メインアルバムチャート”ビルボード200″で14位(2020年8月22日付)を記録したことがあるが、日本語曲での”Hot100″チャート入りは、今回が初めてとなる。

今月2日、全世界に公開された『Film out』は、愛する人への切ない歌詞が際立つバラード曲で、メンバーのジョングクが作曲に参加。日本のスリーピースロックバンドback numberと呼吸を合わせて、大きな話題を集めた。

この曲は、同時に他のビルボードチャートでもランクインし、好成績を収めている。”デジタルソング・セールスチャート”では1位を記録。世界200以上の国と地域での、ストリーミングと販売量を集計して順位をつける”ビルボード・グローバルチャート(アメリカ除く)”3位、”ビルボード・グローバル200″では5位となっている。

BTSは、アルバムでもビルボードチャートで勢いを見せている。昨年11月に発売された『BE』は、メインアルバムチャート”ビルボード200″で92位を記録、”ワールドアルバム”では1位、”トップカレントアルバムセールス”13位、”インディペンデントアルバム”14位、”トップアルバムセールス”は17位を記録した。また、昨年2月に発売された4thアルバム『MAP OF THE SOUL:7』は、”ビルボード200″で119位となり、59週連続でチャートインした。

彼らは今年6月16日、『Film out』が収録されたアルバム『BTS,THE BEST』を発表する。このアルバムには、2017年から4年間、日本で発売したシングル、アルバムの収録曲をはじめ、アメリカのビルボードチャートで、韓国歌手初の2週連続を含め、通算3回”Hot100″でトップに立った『Dynamite』など、計23曲が収録される予定だ。

ⓒ 한국미디어네트워크 提供(http://sports.hankooki.com/)
本記事は韓国MEDIA NETWORKが運営するスポーツ韓国の記事内容の一部あるいは全部 及び写真や編集物の提供により作成されております。



BTS

BTS(防弾少年団)は2013年6月13日にデビューした韓国の7人組男性アーティストグループで、パン・シヒョクのプロデュースによって誕生した。
BigHitエンターテインメントに所属している。
デビューアルバムは『2 COOL 4 SKOOL』、デビュー曲は『No More Dream』。
グループ名の”防弾少年団”には、10代、20代に向けられる抑圧や偏見を止め、自身たちの音楽を守りぬくという意味が込められている。
ハングル表記は”방탄소년단(バンタンソニョンダン)”から”バンタン”と呼ばれることが多い。

BTS プロフィール&記事(1493)

人気ニュース

BTS 動画をみる

最新ニュース

おすすめニュース