SEVENTEEN(セブンティーン)の熱烈なファンだという少女のストーリーが再び注目を浴びている。ありとあらゆるグッズをあつめ、SEVENTEENのスケジュールを細かく把握している彼女。実の父親まで泣かせてしまった彼女の度の過ぎた‘ヲタ活’とは..

K-POPアイドルのコンサートやグッズの購入、握手会やサイン会などのイベントへの参加など、いわゆる ‘ヲタ活’ にハマりすぎた少女がいる。

過去に放送されたKBS 2TVバラエティー番組「こんにちは(原題 대국민 토크쇼 안녕하세요)」では、アイドルグループSEVENTEEN(セブンティーン)を過度に追いかけているファンが登場した。

SEVENTEENの熱烈なファンが登場

SEVENTEENの熱烈なファンが登場(画像出典:KBS「こんにちは」キャプチャー)

中学3年生だという該当のファンは、SEVENTEENの沼にハマりコンサートはもちろん、音楽番組の出待ちからお見送りまでのスケジュールを追いかけることに忙しく、週に2~3回は学校に遅刻をして試験の日には欠席していたため、留年することに。

彼女は、各メンバーの誕生日とニックネームからパートと特徴、さらに家族との関係までを把握しており ‘SEVENTEENの格別なファン’ らしい一面を見せた。

さらに、各種フォトカードからペンライト、各種ブロマイドにカップフォルダー、SEVENTEENがモデルを務めているチキンの箱まで、次元の違うものすごい量のグッズを公開。

このようなグッズのコレクションを集めるために、父親が稼いだお金を使い果たし、約1200万ウォン(約120万円)以上をSEVENTEENに費やしていることを明らかにして出演陣たちを驚かせた。

この日の放送では、彼女の父親も登場し「娘のせいで心が痛みます。本当に大変です」と涙を流すシーンも。

この少女の話を聞いた後、番組出演者は「ファンがアイドルを愛することは、彼らにとって非常にありがたいことですが、彼らを追いかけるために自分の人生を諦めたと聞きたいアイドルはいません」とアドバイスを伝えた。

SEVENTEEN沼から抜け出せない彼女に対して、なんとSEVENTEENのメンバーからのビデオメッセージも。

SEVENTEENのメンバーから直接メッセージ

SEVENTEENのメンバーから直接メッセージ(画像出典:KBS「こんにちは」キャプチャー)

彼らは「僕たちを愛してくれていることに感謝していますが、君が勉強をせず学校に行かないと聞いて、非常に残念に思っています。君が学校で勉強を頑張っていると聞いたら、僕たちのコンサートに招待します。僕たちは君の幸せを応援しています!」と伝えた。

愛する推しを追いかけすぎたが故に、勉強を放棄して留年という結果を招いてしまった彼女。

この放送を見たSEVENTEENの一部のファンたちは「SEVENTEENは魅力的で実力のあるアイドルですよね。沼にハマるのは分かるけど、でも勉強はちゃんとやらないと」「ヲタ活は自分の人生を楽しむ上で最高のスパイスですが、現実の世界もちゃんと見ないといけませんね..」「この子、ファンというよりサセンに近い行動のように感じる」など様々な反応を寄せていた。

SEVENTEEN (セブンティーン)

SEVENTEEN(セブンティーン / ハングル 세븐틴 / 愛称 セブチ)は、韓国の13人組男性アイドルグループ。
Pledisエンターテインメント所属。2015年5月26日にミニアルバム『17 CARAT』発売及びデビューショーケースで韓国デビュー。
ボーカルチーム、ヒップホップチーム、パフォーマンスチームの3チームで構成され、楽曲制作から振付に至るまでメンバー自らが担当している。

SEVENTEEN (セブンティーン) プロフィール&記事(207)