韓国国内で新型コロナウイルスの感染が再拡大しており、韓国政府は”社会的距離の確保”のレベルを第3段階に引き上げることを検討している。第3段階になると、10人以上の集まりやイベントが禁止されるため、メンバー数の多いK-POPアイドルたちの活動にも影響が及ぶと見られる。

8月27日、新型コロナウイルスの感染が再拡大している韓国で、3月上旬以降では最多となる441人の感染が新たに確認された。これに対し、韓国政府は”社会的距離の確保”を、防疫レベルの最も厳格である第3段階に引き上げることを検討しており、歌謡界では「アイドルグループの活動が難しくなるのではないか」との懸念の声が上がっている。

SEVENTEEN

SEVENTEEN(画像出典:SEVENTEEN JAPAN Twitter)

“社会的距離の確保”のレベルを第3段階に引き上げると、「10人以上の集まり・イベントの禁止」「スポーツ競技の中止」「公共施設の運営中止」「感染リスクが高いと指定された業界以外、カフェや公衆浴場、結婚式場、学習塾など中程度のリスクと指定された施設の運営を中止」「各種学校の休校」「テレワークの措置」などが取られる。

日常生活が制限されるだけでなく、事実上封鎖に近く、第3段階レベルは、韓国国内の全分野に大きな打撃が予想される強力な措置となる。

歌謡界も例外ではない。何より10人以上のメンバーで構成されているSEVENTEEN(セブンティーン)やNCT(エヌシーティー)、宇宙少女(WJSN)なども、直接的な打撃を受けると予想される。メンバーが一つの場に集まること自体が、難しくなることもあり得るためだ。

近日オンラインファンミーティングを開催するSEVENTEEN

近日オンラインファンミーティングを開催するSEVENTEEN(画像出典:SEVENTEEN Twitter)

SEVENTEENに至っては、8月30日にオンラインファンミーティング『SEVENTEEN in CARAT LAND』を開催する。『CARAT LAND』は、公演ごとに多彩なコンテンツ構成が定評で、今回はオンラインで全世界同時進行されるだけに、ファンの期待感が最高潮に高まっている状況だ。

韓国の各種芸能媒体によると、SEVENTEENの所属事務所関係者は「今後、3段階に引き上げられるとスケジュール調整などが必要になるため、状況を見守っている」とし「間もなく開催されるオンラインファンミーティングも、イベント会場には*第2段階の基準に該当するスタッフを50人未満にし、万全を期した状態で最小限の人員で進行する予定だ」と伝えているという。

*韓国では、8月15日に光化門(クァンファムン)で行われた大規模の反政府集会以後、コロナ感染者が増加し、19日午前0時を基準として”社会的距離の確保”のレベルを第2段階に引き上げ、室内50人以上の集合やイベントが禁止されている。

こうした中、ネット上ではアイドルグループのファンたちがグループ活動可能の有無を心配している様子が見られる一方で、大多数のネットユーザーの間では「大流行を目前にした深刻な状況に直面しているのに、アイドルの活動を心配している場合なのか‥」と眉をひそめる様子も見受けられる。