沖縄でファンミーティングを開催したSEVENTEEN(セブンティーン)が、那覇空港から出国する帰りの便で、書類の手続きにより搭乗が遅れてしまったという。同じ便に搭乗した乗客からはお怒りの声も..?

アイドルグループSEVENTEEN(セブンティーン)が、飛行機に遅れて搭乗したため他の乗客に被害を与えたと伝えられた中、所属事務所側が公式立場を明らかにした。

今月14日~16日、沖縄でファンミーティングイベント「SEVENTEEN & CARAT in OKINAWA」を開催したSEVENTEEN。

SEVENTEEN セブチ セブンティーン 沖縄 ファンミ

SEVENTEENが沖縄でファンミーティングを開催!!(画像出典:SEVENTEEN JAPAN official Twitter)

これによりSEVENTEENは17日、沖縄でのイベントを終えたのち那覇空港を通じて出国したのだが、彼らが搭乗した飛行機の出発が遅れたことにより、ネット上ではSEVENTEENのメンバーたちによって飛行機が遅延したという噂が広まった。

同じ便に搭乗したあるインターネットユーザーは、SNSアカウントを通じて「沖縄で某K-POPボーイズグループと同じ飛行機で入国したが、彼らのせいで遅れて到着した」と投稿。

このインターネットユーザーは「(乗務員が)手続きを終えていない乗客がいるのでお待ちくださいという案内をし、(該当グループが)一歩遅れて現れて顔を隠したままビジネス席に座った。そのうち何人かのスタッフはエコノミーに..」と説明。

さらに「他の乗客が抗議をしたと聞いている。芸能人という特典なのか?」と付け加えた。

航空機の航空状況ポータルシステムによると17日、沖縄 ー 仁川(インチョン)路線を運航したアシアナ便が遅延運航と表示されており、午後3時25分に仁川空港に到着予定だった便は午後4時34分に到着した。

国際線は1時間以上を超過した場合「遅延運航」として分類される。

沖縄 飛行機 遅延 セブチ

SEVENTEENが搭乗した便はこの飛行機と見られる..(画像出典:航空状況ポータルシステム)

これに対して21日、SEVENTEENの所属事務所プレディスエンターテインメント(以下:プレディス)側は「SEVENTEENメンバーとスタッフは時間内にチェックインを終えたが、突然沖縄の空港で書類を作成することになり30分程遅れることになった。これに合わせて気象の悪化もあり遅延した」と明らかにした。

プレディスによると、SEVENTEENメンバーとスタッフは、航空会社から再入国の書類を作成しなくても良いという案内を受けて飛行機の搭乗手続きを進め、時間内に搭乗口に到着し手荷物も預けた状態だったと伝えられた。

またプレディスは「日本出国時、再入国予定の乗客はランダムで陳述書を作成する。SEVENTEENの場合、日本のビザがあるため普通は作成しない。航空会社側によって再入国書類を作成しなくても良いと説明を受けたのでそのままチェックインを進めていた」と説明。

最後にプレディス側は「意図的ではなかったものの、出発時間が遅れた点は大変申し訳ないと思っている」と公式立場を伝えた。

[korea_sns_button]

LINE@友だち追加