新大久保に行くなら必須クーポン! 各種料理の割引クーポンから一品サービスクーポンまで! 今すぐチェックする人はこちら

6月15日から幕が開ける「エクスカリバー」を通じて初めてミュージカルに挑戦するSEVENTEEN(セブンティーン)のドギョム。爽やかな笑顔で1週間を応援するドギョムのプロジェクト映像が話題になっている。

今月29日(水)に、日本で初のシングル「Happy Ending」のリリースを控えているアイドルグループSEVENTEEN(セブンティーン/ ハングル 세븐틴)。

SEVENTEENの日本公式ツイッターによると、5/24(金)~6/9(日)にはSHIBUYA 109などでオープンされる「SEVENTEEN 2019 ポップアップストア」にて、SEVENTEENとコラボレーションした「EARLY SUMMER CAMPAIGN」が開催されるという。

日本国内でも人気沸騰中のSEVENTEEN

日本国内でも人気沸騰中のSEVENTEEN(画像出典:SHIBUYA109 Twitter)

SHIBUYA109 Twitter

SEVENTEEN JAPAN Twitter

このように、日本国内でも高い影響を見せているSEVENTEENだが、最近では雑誌「anan」の表紙を飾り、メンバーたちの豪華なビジュアルと深みのある目つきで魔性の魅力を発散させた。

現在忙しい日々を送っているメンバーたちだが、その中でも、6月15日から幕が開ける「エクスカリバー」を通じて初のミュージカルに挑戦するSEVENTEENのドギョムの爽やかな映像が話題となっている。

ドギョムは13日、コスモポリタン公式インスタグラムを通じて「月曜病退治プロジェクト」の映像を公開。

ドギョム「ハロ~コスモ~!」

ドギョム「ハロ~コスモ~!」(画像出典:コスモポリタン official Instagram)

コスモポリタン公式 Instagram

月曜病とは、土曜日・日曜日の休日後の月曜日に働く気力が起きない状態のことを言い、映像の中のドギョムは、柔らかで優しい声と明るくて爽やかな笑顔が印象的だ。

今回の映像の中でドギョムは「ハローコスモ~!こんにちは、ドギョムです。月曜日が始まりましたが、今週も力強く送られるように願っています。僕、ドギョムが応援しています。皆ファイティン」という激励を送った。

一方、EMKオリジナル ミュージカル「エクスカリバー(製作EMKミュージカルカンパニー)」で、王の運命を持って生まれた輝くカリスマと存在感を持った青年アーサー役を担うドギョム。

爽やかさとは反転した魅力のドギョム

爽やかさとは反転した魅力のドギョム(画像出典:EMKミュージカル official Instagram)

純粋な青年で新たに帝王となる道筋を描き出すアーサー役を演じる3人の俳優のうち、一番年下のドギョムだが、練習に没頭している彼は、素晴らしい歌唱力と繊細な演技力はもちろん、末っ子のアーサー役としての魅力を予告し期待を集めている。

[korea_sns_button]

LINE@友だち追加