今後の活躍に期待が高まっている新人ガールズグループSECRET NUMBERのデビュー曲『Who Dis』が、先輩グループDONGKIZの『Lupin』に似ているという意見が上がり、”盗作疑惑”が浮上しているという..。

5月19日にデビューした新人ガールズグループSECRET NUMBER(シークレットナンバー)が、”学校暴力疑惑”に続き、”盗作疑惑”に包まれた。

韓国アイドル SECRET NUMBER

新人ガールズグループ”SECRET NUMBER”(画像出典:SECRET NUMBER公式Twitter)

韓国メディアWIKITREEは27日「学校暴力論議が起こったアイドルグループ、今回は先輩の曲”盗作論議”に包まれた」というタイトルの記事を掲載し、SECRET NUMBERに盗作疑惑が浮上していることを伝えた。

WIKITREEによると、最近オンラインコミュニティやSNS上で、SECRET NUMBERのデビュー曲『Who Dis?』の導入部分とDONGKIZの『Lupin』のハイライト部分が似ている、という意見が持ち上がったという。

韓国アイドル DONGKIZ

5人組ボーイズグループ”DONGKIZ”(画像出典:DONGKIZ公式Twitter)

記事内には、二つの曲を比較した動画や、SNS上での反応が掲載されている。


二つの曲を比較(動画出典:Fauzi Fahmi 07)

今回どうしてSECRET NUMBERの方に、盗作疑惑が浮上したのだろうか?その理由には、発売日が関係しているよう。
DONGKIZの『Lupin』は2020年3月15日発売、SECRET NUMBERの『Who Dis?』は2020年5月19日発売。これにより先に発売されたDONGKIZの楽曲をSECRET NUMBERが盗作したという疑惑が浮上したようだ。

それぞれのグループのファンは、2組が所属しているRDカンパニーが、同じサンプリングを二つのグループに分けて制作した曲だと口をそろえている。しかしこれに対してRDカンパニー側の関係者は「2曲の作曲家は異なり、同一のサンプリングで作成していない」と明かしたという。

そして該当の疑惑に関してVINEエンターテインメントとDONGYOエンターテインメントは公式立場を発表していないとWIKITREEは伝えている。(SECRET NUMBERはVINEエンターテインメント、RDカンパニー所属、DONGKIZはDONGYOエンターテインメント、RDカンパニー所属)

これを耳にしたネットユーザーからは「二つともタイトル曲みたいだけど不思議..」「どういう経緯か気になる」「確かに似ている」「サンプルで何曲も作ったのかな」「あまり問題なさそうだけど」「聞いてみたけどそんなに気にならない」と、様々な反応が寄せられている。

SECRET NUMBERは5月19日、1stシングル『Who Dis?』でデビューした、デニス、ディタ、スダム、ジニ、レアからなる5人組多国籍アイドルだ。彼女たちはデビューと同時にメンバー スダムに”いじめ疑惑”が浮上したが所属事務所はすぐにこれを否定し、事なきを得た。

しかし今回これに続き再び”盗作疑惑”というタイトルで注目を集め、一難去ってまた一難な展開となってしまった。

(関連記事)国は違えど目標は一つ’K-POP征服’ SECRET NUMBER、デビューと同時に’学校暴力’疑惑

一方のDONGKIZは、2019年4月24日にデビューしたボーイズグループで、メンバーはリーダーのウォンデ、ギョンユン、ムンイク、ジェチャン、ジョンヒョンの5人。
最近では5月12日にSNSを通じて公式カラーを公開、ニューアルバムの準備にも拍車をかけているという。


SECRET NUMBER『Who Dis?』MV(動画出典:1theK (원더케이))

DONGKIZ『LUPIN』MV(動画出典:DONGKIZ)