2015年のデビュー以来、数々の賞を受賞し、5連続ミリオンセールス他、様々な記録を更新してきたSEVENTEEN(セブンティーン)。ゆるぎない人気を獲得している彼らの初映画となる『SEVENTEEN POWER OF LOVE : THE MOVIE』の場面写真通常版、並びにScreenX版が初公開された。

2015年のデビュー以来、数々の賞を受賞し、5連続ミリオンセールス他、様々な記録を更新してきた SEVENTEEN(セブンティーン)。

『SEVENTEEN POWER OF LOVE : THE MOVIE』

SEVENTEENがCARATに贈るMovieLoveLetter『SEVENTEEN POWER OF LOVE : THE MOVIE』(©2022 HYBE ALL RIGHTS RESERVED. MADE IN KOREA. )

満を持して2018年5月、日本デビューも果たし、2ndシングル『舞い落ちる花びら(Fallin’Flower)』と3rdシングル『ひとりじゃない』は、50万枚以上の出荷数を記録し、ダブルプラチナ認定を受けるなど、ゆるぎない人気を獲得している。

そんな彼らの初映画『SEVENTEEN POWER OF LOVE : THE MOVIE』が4月29日より2D、ScreenX、さらには5月13日より4DX、4DXScreenで公開が決定。

その場面写真通常版、並びにScreenX版が初公開された。

このたび初公開された写真4点は、どれも昨年11月に開催されたオンラインコンサート『SEVENTEEN CONCERT <POWER OF LOVE>』からの場面写真。


SEVENTEENのライブバックステージの模様も初公開する

SEVENTEENのライブバックステージの模様も初公開!(©2022 HYBE ALL RIGHTS RESERVED. MADE IN KOREA. )

写真からも伝わってくるような熱気、そして様々な衣装で歌い、踊り、ファンにハートをプレゼントする彼らの姿を、今回は大スクリーンで体験することができる。

まさにSEVENTEENがCARAT(カラット:SEVENTEENファン名称)に送る、MOVIE LOVE LETTERとなっている。

映画ではライブ映像の他にも、メンバー13人のインタビューや、初公開となるライブの舞台裏など、盛りだくさん。

また、ScreenX 版の場面写真では2枚のサイドスクリーンが追加されたScreenXならではの大迫力、臨場感を場面写真からも感じることができる。

(©2022 HYBE ALL RIGHTS RESERVED. MADE IN KOREA. )

ScreenX版

ScreenXは臨場感たっぷり

眼前に広がるScreenXは臨場感たっぷり!(©2022 HYBE ALL RIGHTS RESERVED. MADE IN KOREA. )

本作は、2D、ScreenXの他、世界初のマルチセンサーとライブの音楽とリズムに合わせて動き、振動する20以上のモーションエフェクトを搭載した4DXシアター、そしてScreenXと4DXシアターを組み合わせた4DXスクリーンシアターなどでの公開も決定。

これにより、これまで以上にリアルな視聴体験が可能となり、コロナ禍でオフラインライブに参加できない日々が続いていたファンにとって、臨場感のある体験ができる作品になっている。

『SEVENTEEN POWER OF LOVE : THE MOVIE』は4月20日(水)より韓国、北米で、そして4月29日(金)からは日本公開と、世界各国で公開される予定だ。

『SEVENTEEN POWER OF LOVE : THE MOVIE』

キャスト:S.COUPS、JEONGHAN、JOSHUA、JUN、HOSHI、WONWOO、WOOZI、THE 8、MINGYU、DK、SEUNGKWAN、VERNON、DINO
監督:オ・ユンドン
配給:エイベックス・ピクチャーズ ©2022 HYBE ALL RIGHTS RESERVED. MADE IN KOREA.
公式サイト:svtpoweroflovethemovie.jp




SEVENTEEN (セブンティーン)

SEVENTEEN(セブンティーン / ハングル 세븐틴 / 愛称 セブチ)は、韓国の13人組男性アイドルグループ。

Pledisエンターテインメント所属。2015年5月26日にミニアルバム『17 CARAT』発売及びデビューショーケースで韓国デビュー。

ボーカルチーム、ヒップホップチーム、パフォーマンスチームの3チームで構成され、楽曲制作から振付に至るまでメンバー自らが担当している。

SEVENTEEN (セブンティーン) 最新記事はこちら(430)

ご意見を自由にコメントしてください!

記事に関するご意見や情報提供はこちらのフォームをご利用ください。

編集部おすすめ記事blank

サイトの広告について

Danmee(ダンミ)は、収益化の一環としてオンライン広告を展開しております。広告の内容(公序良俗を害するもの)や、可読性の低下につながる広告に関するご意見はこちらのフォームをご利用ください。

この記事と関連度が高いトピック

現在読まれています!

最新記事

RECENT TOPICs