SMエンターテイメント所属のガールズグループ、RedVelvet(愛称 レドベル)の末っ子として活動しているイェリ。デビューを果たして6年目となる彼女は今回雑誌HIGHCUTのグラビア撮影とインタビューに臨んだ。その際、来年の抱負などを語る中で彼女は日々を幸せに生きるヒントを語り、デビューからの成長をうかがわせた。

RedVelvet(レッドベルベット / ハングル 레드벨벳)のメンバー、イェリが来年の目標を語った。

SMエンターテインメント所属のガールズグループ、RedVelvetの最年少メンバーとして知られているイェリ(ハングル 예리)。
彼女は来る12月5日に発売される雑誌「HIGHCUT」のグラビア撮影に臨んだ。

その際、彼女は自身の持つ可愛らしくやんちゃなイメージを活かし、個性的なスタイリングを完璧に消化するというセンスの良さを見せた。

来年の目標を語る中で幸せに生きるヒントを語ったイェリ

個性的なスタイルもキュートに着こなしたRedVelvetの末っ子イェリ(出典:HIGHCUT公式Twitter)

また、グラビアの撮影の際に彼女にはいくつかの質問も行われた様子。

見る者を笑顔にするような明るいエネルギーの源について尋ねられた際に彼女は「いつも嬉しい気持ちで明るいわけでは無いけれど、自身のやることには責任を持って最善を尽くしたい」という仕事に対する真面目な一面を覗かせた。

続けて、明るい姿を保つ秘訣に“明るく、力強くやり遂げようと決心すること”を挙げたイェリは「そのようにする事で気持ちをダウンさせないタイプだ」と語った。

そして自身が辛い時にはファンが大きな慰めになってくれる、と語った彼女。

同時に彼女は、ファン達から沢山送られてくる手紙やSNS上でのメッセージの元気の出る言葉を時に自ら探して読むこともある、という事も明らかにした。

今年でデビューをして6年目となったイェリには今回、“デビュー当初と現在で変化した点”に関する質問も行われる事に。
その際、彼女は「(デビュー当時と比べて)自分自身についてよく分かるようになり、それに対し考えを巡らせたり悩むこともある」と回答した。

可愛らしく末っ子らしい愛嬌あふれるビジュアルはそのままに、内面はしっかりとした芯をもつ大人の女性へと成長しているイェリ。

来年の目標を語る中で幸せに生きるヒントを語ったイェリ

芯のある素敵な大人の女性へと成長しているイェリ…!!(出典:HIGHCUT公式Twitter)

その一方で彼女は“一人の人間、キム・イェリとして変化した点”を尋ねられた際に、「嫌いな食べ物や、好きな食べ物に変化は無く、性格も変わっていない」ということを明かした。
彼女曰く、このように変化が無いことも良い事であるとのことで、“ただ私自身でありたい”という明確な意思を表わした。

最後に“2020年22歳になった自分の姿はどうなると思うか”と問われた際には「周囲の人々をもっと大切にし、自分自身のケアが出来る1年にしたい」との抱負を語ったイェリ。
また彼女は“自身の話を盛り込んだ歌も人々に聞かせたい”という意思を明らかにしながら「本当の幸せは大きさに関係なくいつも目の前にあり、些細な日常から自身の幸せを見つけようとしている」という言葉を残した。

今回のインタビューの回答の中で日々を幸せに生きるヒントを多く語っていたイェリ。
このような彼女の言葉は“自身の話を盛り込んだ歌も人々に聞かせたい”という2020年の彼女の目標の実現と、来年の彼女の活躍に対する期待を高めた。