23日にカムバックを果たしたRed Velvet(レッドベルベット)が、世界有数の音楽チャートで1位を席巻!2019年を締めくくるにふさわしいK-POPガールズグループ初の快挙を成し遂げた。

カムバックを果たしたRed Velvet(レッドベルベット / 愛称 レドベル)が、世界有数の音楽チャートで1位を独占し、高い人気と強い影響力を証明した。

Red Velvet

K-POPガールズグループ初の快挙を成し遂げたRed Velvet(写真提供:©スポーツ韓国、画像出典:SMエンターテインメント)

23日に公開されたRed Velvetのリパッケージアルバム「The ReVe Festival Finale」が、米国やカナダ、メキシコ、ブラジル、アルゼンチン、チリ、ペルー、ドミニカ共和国、パナマ、コスタリカ、エルサルバドル、ベリーズ、エストニア、スウェーデン、ポーランド、ポルトガル、オランダ、フィンランド、ノルウェー、リトアニア、ロシア、ルーマニア、ウクライナ、トルコ、アラブ首長国連邦、エジプト、サウジアラビア、オマーン、バーレーン、シンガポール、台湾、香港、マレーシア、タイ、インド、インドネシア、カンボジア、カザフスタン、フィリピン、ベトナム、スリランカ、ブルネイなど全世界42の地域で1位を記録し、熱い人気を確認させてくれた。

ともに、Red Velvetは、去る6月に発売したミニアルバム「Day 1」に続いて、8月に発売したミニアルバム「Day 2」、そして今回のアルバムと、3枚のアルバムが連続で米国iTunesトップアルバムチャートの1位に輝き、K-POPガールズグループ初の快挙を成し遂げた。

また、Red Velvetは新曲「Psycho」で、中国最大手音楽サイトQQ・ミュージックのミュージックビデオチャート総合部門でも1位を占め、Red Velvetに向けたグローバルな関心を実感させた。

一方、Red Velvetは、新しいアルバムのタイトル曲「Psycho」がMelOn、FLO、ジニ、バックス、オレー・ミュージック、ソリバダなど各種音源チャートで1位(午後1時基準)を席巻し、ハントチャート、イエス24、教保(キョボ)文庫など各種のアルバムチャートでもデイリー1位になるなど、高い人気を証明した。

ⓒ 한국미디어네트워크 提供(http://sports.hankooki.com/)
本記事は韓国MEDIA NETWORKが運営するスポーツ韓国の記事内容の一部あるいは全部 及び写真や編集物の提供により作成されております。