遂に最終回を迎えた「PRODUCE 101 JAPAN」。昨日放送された番組内では「JO1」としてデビューを果たす11人のメンバーが発表され日本中の国民プロデューサー達の注目を集めた。また韓国から「PRODUCE 101 JAPAN」を見守っていた視聴者達や、韓国のメディアからも注目を集めている「JO1」。Twitterなどでは韓国のファン達によるファン友達を探す活動も行われており、彼らが新たな日韓の架け橋となることが期待される。

最終回を迎えた「PRODUCE 101 JAPAN」が韓国のメディアにも注目されている。

昨日12月11日に最終回を迎えた「PRODUCE 101 JAPAN」。
最終回は全国ネットで放送され日本中の国民プロデューサー達が自身達の1Pickの行く末を見守った事が予測される。

 

また、「PRODUCE X 101」の最終回には日本国内のみならず韓国からも注目が集まっていた様子。
韓国メディア「TOPSTARNEWS」からは昨日番組内でデビューが決定した「JO1(ジェイオーワン)」のことを取り扱った記事が公開されることに。

韓国からも注目を集めている「PRODUCE 101 JAPAN」からしたグループJO1

韓国メディアの「TOPSTARNEWS」がJO1に注目!!(出典:TOPSTARNEWS)

当記事内では番組内で一位を獲得した豆原一成、2位を獲得した川尻蓮を筆頭に「JO1」入りを果たしたメンバー達の名前が紹介されていた。

韓国からも注目を集めている「PRODUCE 101 JAPAN」からしたグループJO1

記事中で名前が紹介されていたJO1のメンバー達(出典:PRODUCE 101 JAPAN公式Twitter)

そして、記事内では韓国で「PRODUCEシリーズ」が放送されてた際に視聴者達の間で広がったジンクス「1位の席に座ったら無条件に脱落する」というジンクスを破った鶴房汐恩にもスポットが当てられた。
更に今回の「PRODUCE 101 JAPAN」で惜しくもデビューを逃した上原潤にも注目した「TOPSTARNEWS」。
彼は当番組が放送されるに先駆けて「PRODUCE X 101」にも出演していたという点から、韓国視聴者達からも注目を集めていたことがうかがえる。

「PRODUCE X 101」が最終回を迎え「JO1」というデビューメンバーが決まったのち、韓国Twitter上では

「お金を稼いで日本までJO1に会いに行かなきゃ!!」
「私の1Pickが残っていて嬉しい!」
「番組が終わってしまってなんだか寂しいTTもうこれからはJO1を追いかけなきゃTT」
「JO1ってちょっと読み方と発音が難しいな…(笑)」
「これからのJO1の活動が楽しみ!」

という韓国から番組を見守っていた人々の声や、早くも「JO1のファンクラブに入った!」等という韓国の彼らファン達の声も聞かれている。
また、現在韓国Twitter上ではJO1のファン達が「#JO1_트친소」等というハッシュタグを用いてファン友達を探すという動きも見られることに。
このようなファン達の活動からは今後「JO1」が新たな日韓の架け橋となる未来への期待を高めた。