日本と韓国で熱い関心が寄せられている「PRODUCE 101 JAPAN(プロデュース101ジャパン / プデュジャパン / 日プ)」。2回目の放送終了後、韓国のオンラインコミュニティーでは、川西拓実(かわにし たくみ)練習生が注目を集めて話題になっている。

現在Yahoo!(ヤフー)の無料動画サービスGYAO!(ギャオ)で放映中の、サバイバルオーディション番組「PRODUCE 101 JAPAN(プロデュース101ジャパン / プデュジャパン / 日プ)」の2話目が放送された中で、川西拓実(かわにし たくみ / 20歳)練習生に対する関心が高まっている。

PRODUCE 101 JAPANに出演中の川西拓実練習生

熱い関心が寄せられている川西拓実練習生(画像出典:PRODUCE 101 JAPAN)

10月3日に放送された「PRODUCE 101 JAPAN」の2話では、1話に続きチーム別のステージを披露してクラス分け評価を受ける姿と、クラス別にタイトル曲である「ツカメ~It’s Coming~」を練習する様子が描かれた。

「PRODUCE 101 JAPAN」の練習生たちは、全て事務所に所属していない個人練習生のため、参加者同士や個人あるいは団体でチームを結成しながらパフォーマンスステージを繰り広げた。

第1話目では、A評価を受けた川尻蓮(かわしり れん)練習生と豆原一成(まめはら いっせい)練習生、林龍太(はやし りゅうた)練習生が話題を集めたが、2話では、川西拓実練習生が相当な実力で話題を集めて衝撃を与えた。

川西拓実練習生は、KSIXというグループでパフォーマンスを披露。

キレのあるダンスで、現役アイドルと言っても過言ではないほどの圧倒的なビジュアルを見せつけた川西拓実練習生だが、B評価を受けたもののダンスがほぼ未経験というから驚きだ。

「PRODUCE 101 JAPAN」は、韓国でも熱い反応を得ているのだが、韓国のコミュニティーサイト DCインサイド「日本サバイバルプログラムギャラリー(PRODUCE 101 JAPAN ギャラリー)」では、この日の放送後に川西拓実練習生への視線が集中。

放送を見た一部の韓国のネットユーザーたちによると、「今まで日本のアイドルにあった固定観念が一皮剥けました。未経験なのにダンスのセンス、ビジュアルなど、こんなにも全て兼ね備えた日本人は初めて見ました。守りたくなる存在です」といったコメントが寄せられた。

また「初めて写真を見た時は韓国人練習生だと思いました」とし「THE BOYZ(ザ・ボーイズ / 더보이즈)のエリックに少し似ていて、韓国スタイルなので、韓国でも人気が出そうです」といった意見も見られた。

左が川西拓実練習生、右はTHE BOYZのエリック

川西拓実練習生は、THE BOYZのエリック似?(画像出典:PRODUCE 101 JAPAN、THE BOYZ Instagram)

さらに、川西拓実練習生の「推しカメラ」の映像では、「日本の国民プロデューサーの皆さん、たくみ君をデビューさせて下さい」「一般人だった20年間がもったいない」など、多くの韓国人ユーザーもコメントを残すほど。

中には、元々韓国の「プロデュース」シリーズのファンで、今回「PRODUCE 101 JAPAN」を見たことで日本語の勉強も始めたというユーザーもいるなど、政治面で冷え切った日韓関係を物ともしない様子を見せている。

一方、2話目の放送後の順位では多少の変動があったものの、3位を記録した川西拓実練習生。

次回のポジションバトルでも視聴者を熱狂させるものと見られ、今後の投票や放送結果により十分にデビュー組としてキープしていけるだろうと、日本・韓国それぞれのネットユーザーたちから期待が寄せられている。

「PRODUCE 101 JAPAN」は、毎週木曜夜9時、GYAO!にて放送中だ。


川西 拓実 練習生「ツカメ~It’s Coming~」推しカメラ(動画出典:PRODUCE 101 JAPAN