レコチョクが、7月9日にレコチョクが展開する音楽配信サービスで『レコチョク上半期ランキング 2021』を集計し、ダウンロード部門、ストリーミング部門、計3つの上半期ランキングを発表した。その中の『レコチョク上半期サブスクランキング 2021』の『新人アーティストランキング』で、ENHYPEN(エンハイフン)が1位を獲得した。

レコチョクが、7月9日にレコチョクが展開する音楽配信サービスレコチョクが展開する音楽配信サービス、ダウンロード部門『レコチョク上半期ランキング 2021』、ストリーミング部門『レコチョク上半期サブスクラ
ンキング 2021』『d ヒッツ®powered by レコチョク(以下、dヒッツ)上半期ランキング2021』、計3つの上半期のランキングを発表(集計期間:2021年1月1日~2021年6月30日)。

日本デビュー前に飛躍的人気を集めたENHYPEN

日本デビュー前に、レコチョク新人アーティストランキングで飛躍的人気を集めたENHYPEN。(写真提供:株式会社レコチョク)

その中の『レコチョク上半期サブスクランキング 2021』の『新人アーティストランキング』で、ENHYPEN(エンハイフン)が1位を獲得した。

ENHYPEN は7月6日にシングル『BORDER:儚い』で日本デビューした、平均年齢17歳の7人組ボーイグループ。2020年6月から約3カ月間放映された、Mnetの超大型プロジェクト『I-LAND』で勝ち抜いたヒスン、ジェイ、ジェイク、ソンフン、ソヌ、ジョンウォン、ニキという韓国・アメリカ・オーストラリア・日本と、グローバルなメンバーで構成されている。

チーム名の『ENHYPEN』は、記号の”ハイフン”が意味するように、お互いに異なる環境で違う人生を歩んで来た7人の少年がつながり、お互いを発見し、ともに成長するという意味を持ち、音楽を通じて人と人、世界と世界をつなぐという抱負も込められている。また、現在韓国5大SNSフォロワー数が、1,890万人超という注目のグループだ。

2020年11月30日に韓国版1stミニアルバム『BORDER:DAY ONE』を、2021年4月26日には韓国版2ndミニアルバム『BORDER:CARNIVAL』を配信リリース。この2作品に収録されている楽曲『Given-Taken』『Let Me
In (20 CUBE)』『Drunk-Dazed』を中心に再生され、日本デビューを前に、『レコチョク上半期サブスクランキング 2021』にて『レコチョク上半期サブスクランキング 2021』1位を獲得。

国内デビュー前に、新人ランキング1位を獲得したアーティストは初となる。

ENHYPENコメント

『レコチョク上半期サブスクランキング 2021』の『レコチョク上半期サブスクランキング 2021』でENHYPENが1位を獲得しました。
こうやってたくさんの方に、僕たちの曲を聴いていただけて、とてもうれしいです。本当にありがとうございます。

また、僕たちは7月6日に日本デビューもしました。
これからも皆さんに、良い音楽とパフォーマンスをお届けできるアーティストを目指して頑張ります。

たくさん期待してください。
これからも応援よろしくお願いします。

ENHYPENより受賞コメントが到着!




ENHYPEN

サバイバルオーディション番組『I-LAND』から誕生した7人組多国籍ボーイズグループ。
Big HitエンターテインメントとCJ ENMが共に設立したメディア企業BELIFT LAB(ビリーフラボ)に所属している。

メンバーは、ヒスン、ジェイ、ジェイク、ソンフン、ソヌ、ジョンウォン、ニキの7人。

ENHYPEN プロフィール&記事(22)

最新ニュース

おすすめニュース