SMエンターテインメント所属のNCT 127(ハングル表記:엔시티 127)の新アルバム「NCT #127 WE ARE SUPERHUMAN」がビルボード200で11位に輝いた。この記録はK-POP歌手の中で最高記録を立てたBTS(防弾少年団)に次ぐ記録だという。

SMエンターテインメント所属のボーイズグループ、NCT 127(ハングル表記:엔시티 127)が快挙を成し遂げた。

ファン達を大きく喜ばせる快挙を成し遂げたNCT 127のメンバー達

ファン達を大きく喜ばせる快挙を成し遂げたNCT 127のメンバー達(出典:NCT 127公式Twitter)

5月24日にミニアルバム「NCT #127 WE ARE SUPERHUMAN」でカムバックを果たしていたNCT 127。
そんなNCT 127の新アルバム「NCT #127 WE ARE SUPERHUMAN」がアメリカ ビルボードのメインアルバムチャート“ビルボード200”で11位を獲得したということが伝えられた。

NCT 127の快挙をTwitter上でも伝えたビルボード側

NCT 127の快挙をTwitter上でも伝えたビルボード側(出典:billboard公式Twitter)

昨年2018年の10月にも「NCT #127 Regular-Irregure」で“ビルボード200”にランクインしていたNCT 127。
当時の順位、86位から今回の11位にまで大きく順位を上げたことによりNCT 127達は自身達のビルボードでの最高記録と同時にSMエンターテイメントのビルボード最高記録を塗り替えることとなった。

また、今回のNCT 127が打ち立てた“ビルボード200”11位という記録はK-POP歌手の中で最高記録を立てたBTS(防弾少年団/ハングル表記:방탄소년단)に次ぐ記録であるとのこと。
そんなNCT 127の快挙はビルボード側も高く評価しているそうだ。

また、ビルボード ワールドアルバムチャートでは一位を獲得したというNCT 127の「NCT #127 WE ARE SUPERHUMAN」。

今回のNCT 127の快挙に対しファン達からは
「おめでとう!とても誇らしい(涙)」
「アルバムのタイトル通り、SUPERHUMANだね!!」
「メンバー達が努力したことが形になったね(涙)本当にメンバー達が誇らしい」
「更なる成長を期待してる!」
「NCT 127おめでとう~~~!!」
といった喜びと祝福、そして今後の彼らの活躍に更なる期待を示す声が見られた。

しかしその一方で世間からは、同じくビルボードで快挙を成し遂げたBTSと比較する声や、NCT 127の実力を認めない悪質なコメントが見られることに。

こういったコメントに対し、怒りを表わしたNCT 127の一部ファン。
だが、中には「NCTは本当に過小評価されてしまっているグループだからもっと名前を知らせるために自分も応援をがんばる」等というファンのコメントも見られることとなった。

クオリティの高いパフォーマンスでアメリカなど海外からの人気を集めているNCT 127。
そんな彼らの今後の活躍に期待される。


NCT 127「SUPERHUMAN」MV