MONSTA X(モンスタエックス)のファンたちが、所属事務所に対して警鐘を鳴らした。彼らは電光掲示板を載せた車両を走らせ、「ウォノを消すことはできない」と強いメッセージを伝えている。

昨年10月末、MONSTA X(モンスタエックス)のメンバー ウォノ(ハングル 원호)の過去の出来事が暴露されるという衝撃的なニュースに、多くのファンたちが悲しい気持ちを堪えながら涙を飲んだ。

暴露された内容が真実なのか虚偽なのか分からないまま、ウォノは10月31日に「これ以上グループとメンバーたちに被害を及ぼしたくない」と自らチームを脱退。

その後、所属事務所のスターシップエンターテインメントは、これ以上ウォノとの契約を維持できないと判断し、2019年11月1日付で契約を終了した。

チームを脱退したウォノ

チームを脱退したウォノ(画像出典:MONSTA X Instagram)

これにファンたちは、所属事務所の社屋にメッセージを書き込んだポストイットを貼り付けたり、TwitterなどのSNSを通じてウォノの脱退を反対する動きを見せてきた。

ウォノがチームを脱退してから約4ヶ月の月日が過ぎてもなお、一向にウォノの近況に関するニュースが発信されないため、韓国のファンたちは事務所の周辺で電光掲示板を載せた車両を走らせることとなった。

3月6日、あるツイッターのアカウントでは、ウォノを含む7人のメンバーのクリップ動画を再生し強いメッセージが込められた動画や画像が掲載された。

公開された動画には、「スターシップはウォノを消すことはできません。スターシップの成功にMONSTA Xのウォノは明らかに貢献しました。ウォノの音楽的な著作権を守ってください」と、韓国語と英語で書かれている。

また、他にも「アーティストたちを身体的、精神的、そして法的に保護してください。ウォノに約束した法的な支援を実行して潔白を証明してください」といった文章も映し出されている。

該当の電光掲示板を載せた車両は、事務所であるスターシップの前に停車しているだけではなく、多くの人たちが目にすることが出来るように街中を走りながらメッセージを伝えていた。

この動画を見た一部のファンたちは「いつまでもウォノの帰りを待っています」「ウォノは素晴らしいアーティストです。彼の才能をこのまま眠らせたままにしたくありません」「ウォノが戻るその日まで、私たちは戦います」などの反応を寄せている。

このように、ファンたちはウォノがグループに復帰することを望んでおり、彼へのサポートと愛は未だに粘り強く続けられている状況だ。

常にファン想いで繊細な心を持っているウォノは、これまで多くの作詞・作曲も手掛けてきた音楽的才能が溢れるメンバーということもあり、多くのファンから愛されてきた。

彼の優しさや、率直な想いが沢山込められている素晴らしい音楽を、再び聴くことが出来る日が来ることを願わずにはいられない。

MONSTA X

MONSTA X(愛称 モンエク、モネク / ハングル 몬스타엑스)はSTARSHIPエンターテインメントに所属している7人組ボーイズグループ。
2015年5月14日、ミニアルバム「TRESPASS」、タイトル曲「無断侵入(ハングル 무단침입)」でデビューを果たした。
MONSTA Xのファンダム名は「MONBEBE」、日本の公式ファンクラブ名は「MONBEBE JAPAN」。

MONSTA X プロフィール&記事(91)