• 11月29日、大阪で『2022 MAMA AWARDS』が開催された。
  • 韓国ネットでは、関連語として「Stray Kids」が最も多く登場。
  • ファンの投票によって決定する”Worldwide Fans’ Choice”を受賞した「GOD7」の投稿も目立った。

京セラドーム大阪で、11月29日30日の2日間に渡って開催されるK-POP音楽授賞式『2022 MAMA AWARDS(以下、MAMA AWARDS)』。

”Worldwide Fans’ Choice”を受賞したTOMORROW X TOGETHER

”Worldwide Fans’ Choice”を受賞したTOMORROW X TOGETHER (画像出典:MAMA AWARDS 公式Twitter)

初日のステージが終わり、SNSは出演アーティストらにまつわる投稿が溢れている。

[expander_maker id=”1″]

11月28日29日の2日間の韓国ビッグデータ(SOMETRENDで調査)を見てみると、韓国ネット上で『MAMA』関連語として最も多く登場したアーティストは、「Stray Kids(ストレイキッズ)(135,869件)」。

続いて「GOT7(ガットセブン)(95,788件)」「TXT(トゥモローバイトゥギャザー)(60,465件)」となっている。

*()は出現件数

アーティスト名以外では、“choice”というワードがトップに。これは『MAMA AWARDS』の”Worldwide Fans’ Choice”部門に関する投稿が多かったことが影響していると見られる。

”Worldwide Fans’ Choice”を受賞したStray Kids

”Worldwide Fans’ Choice”を受賞したStray Kids (画像出典:MAMA AWARDS 公式Twitter)

”Worldwide Fans’ Choice”部門は、世界中のK-POPファンのオンライン投票によって、上位10組が受賞する。

この部門は『MAMA AWARDS』の中で唯一ファンが参加できるため、各グループのファンが熾烈な争いを見せるのが恒例となっている。

同部門の大賞となる”Worldwide Icon of the Year”は、BTSの5連覇となったが、韓国ネットで数多く登場した3グループももちろん受賞。

中でも、GOT7の受賞には、多くのK-POPファンが興奮。彼らはすでに、デビュー時の事務所(JYPエンターテインメント)を離れ、メンバーそれぞれが新しい事務所へ移籍しているからだ。

しかし、彼らはファンの応援に応えるため、事務所はばらばらになっても完全体でのカムバックを約束。そしてその言葉通り、今年、グループ完全体でカムバックを果たした。

受賞にあたり、メンバーはビデオメッセージで登場。「皆さんがいるから、ずっとGOT7の名前で活動できます」「いつもGOT7として最善を尽くすので、多くの応援と愛をお願いします」とファンにメッセージを送った。

K-POPファンからは「GOT7、本当におめでとう!」「ガッセの受賞を知って泣いたよ」「メンバーが別の事務所という異例のグループだけど、こうやって活動を続けられるというのは良い見本になる」「びっくりしたけど、この受賞がどれだけすごいかをもっと伝えたい」など、受賞を祝うコメントがたくさん上がっている。

韓国ネットで、13万件以上もの投稿がされたStray Kidsは、初日『MAMA AWARDS』のトリを飾る圧巻のステージを披露した。

彼らは、今年3月には、米ビルボードのメインチャート“ビルボード200”で1位となり、グローバルでの人気を証明。

10月に発売したミニアルバム『MAXIDENT』の先注文量は、驚異の200万枚を突破など、快進撃を続けている。

そんな彼らの活躍には、“ネクストBTS”という称号を与える音楽専門家やファンも多いという。

韓国ネットで圧倒的な出現数を誇ったStray Kidsの活躍に注目だ。

(関連記事)空席の「ネクストBTS」最有力候補は? Stray Kidsが一歩リードか

酒井知亜

韓国のデパ地下が大好き、酒井知亜です。韓ドラファン歴が長いですが、主にK-POP関連の記事を発信しております。韓国SNSで話題の最新イシューやスターの気になる素顔などを、読者のみなさんにわかりやすく伝えることをモットーに奮闘中です。

記事一覧を見る(501件)




[/expander_maker]

ご意見を自由にコメントしてください!

記事に関するご意見や情報提供はこちらのフォームをご利用ください。

編集部おすすめ記事blank

サイトの広告について

Danmee(ダンミ)は、収益化の一環としてオンライン広告を展開しております。広告の内容(公序良俗を害するもの)や、可読性の低下につながる広告に関するご意見はこちらのフォームをご利用ください。

この記事と関連度が高いトピック

現在読まれています!

最新記事

RECENT TOPICs