芸能人の携帯電話の番号をはじめとし、宿泊先や飛行機の搭乗情報、住民登録番号などを入手し、芸能人のプライベートまで密着して付いて回り、被害をもたらせる“サセンファン”が以前から問題になっていた。これに、韓国の有名YouTuberがサセンファンがどのようにして芸能人の情報を入手するのかという手口について語り話題になっている。

どれほどのスターたちが、個人情報流出の犠牲にならなければいけないのだろうか。

最近、TWICE(トゥワイス)のナヨンが乗った飛行機に海外のストーカーが搭乗して騒動になり、大きな声が行き来するほど深刻な状況だったという。

また、昨年末BTS(防弾少年団)のV(ブイ)もNAVERの「V LIVE」を通じてサセンファンに対して「飛行機に搭乗する際、僕たちが乗ることを知っていて前の席や隣の席に座る方々がいらっしゃいます」とし「私的な空間で安心してゆっくり休めず、とても不便でした。正直言わせてもらうと怖いです」と苦言を呈し、チャーター機に乗らなければならない理由を説明した事がある。

サセンファンによって被害を受けたBTSのVとTWICEのナヨン

サセンファンによって被害を受けたBTSのVとTWICEのナヨン(画像出典:BTS V LIVE,TWICE Instagram)

さらに、最近俳優のチュ・ジンモも携帯電話の情報流出によって脅迫を受けたという事実が知らされたことに加え、「携帯電話の番号を変えてもすぐにメールや電話が来る」と恐怖を抱いているアーティストも多数いると報じられ、衝撃を抱いた。

このように、芸能人たちの航空情報が流布され、私生活が入れられた携帯の情報が、不法的に取り引きが行われていることが深刻である。

芸能人のプライベートを追っかけまわすストーカーのようなファンのことを、韓国では「サセンファン」と言うが、彼らはどのようにして芸能人の個人情報を抜き出すのか。

これに、韓国の有名YouTuber(ユーチューバー)「DON’T DO IT」が、「サセンファンが芸能人の情報を抜き出す手口」について語った。

DON’T DO ITは、「基本的に所属事務所のマネージャーや、職員たちが裏金を貰い情報を提供している可能性が高い。芸能人たちのスケジュールを把握しているためだ」と伝えた。

また「その他航空会社の職員や、宿泊予約がされたホテルの業者、また旅行会社の職員たちによる情報提供も可能性が高い」と付け加えた。

しかし、航空情報の流出はサセンファンが直接調べている可能性が高いと言及。

サセンファンたちは、アーティストたちの海外スケジュールが決まると、その前後の日程で航空会社の座席を細かく調べるという。

普通、アーティストたちはビジネスクラスやファーストクラスといった上位の座席に乗るため、座席の占有率が多い日に航空会社に「〇〇(アーティストの名前)の家族ですが、この日、この時間の飛行機に乗る予定ですが、近くの座席を予約したいです」などの問い合わせをするという。

YouTuberが語った内容はほんの一部に過ぎないが、個人情報流出の手口はもはや犯罪レベルと言っても過言ではない。

相手が芸能人ならば、何をしても構わないのだろうか.. アーティストたちは、いつどこで自身の情報が流出されるのか、常に不安感に包まれているという。

個人情報を流出させる者への早急な対策も必要だが、ファンたちと大衆による健全な文化も定着しなければならない。


‘サセンファンが芸能人の情報を抜き出す手口’について語ったYouTuber(動画出典:하지마세요돈두잇