新曲をリリースし、韓国内のチャートで1位占めたバンドM.C the Max(エムシーザマックス)。喜びと応援の声が溢れる一方で、メンバーの過去の論議を蒸し返すユーザーも見受けられネットでは甲論乙駁の状態が続いている。

X-JAPANのYOSHIKIや安全地帯、GACKT、広瀬香美など日本のミュージシャンともコラボや楽曲提供をしていたことで馴染み深い韓国バンド M.C the Max(エムシーザマックス)。

K-POPアーティスト達の中でもレジェンド的な存在として知られている彼らだが、今、世間からの反応が尋常ではない様子を見せている。

新曲でカムバックしたMC the Max

新曲でカムバックしたM.C the Max(画像出典:M.C the Max イス Instagram)

M.C the Maxは、3月25日にリリースしたデビュー20周年アルバム ‘CEREMONIA’ の先行公開曲 ‘初めてのように(ハングル 처음처럼)’ で、3月26日に韓国内の各種音源チャートで1位を記録した。

ヒットを連発する王者の帰還ということもあり、喜ばしい出来事だったのだが、一部のネットユーザーの間で甲論乙駁が続いているという。

多数のユーザーたちは、M.C the Maxのボーカル イス(ハングル 이수 / ISU)の過去について非難。

イスは、2009年に公益勤務要員で服務していた際、未成年者への性売買容疑で放送出演が取りやめになるなど物議を醸したことがある。

当時、オンラインサイトで知り合ったとされる未成年者にお金を渡して性売買をしたというイスは、警察に「相手が未成年者ということを知らなかった」と主張したが、性売買の事実を認めて波紋が生じた。

警察は、当時イスが初犯だったという点と再犯防止の教育を受けるという条件で起訴猶予処分を下した。

この論議から7年後の2014年にM.C the Maxのボーカルとして復帰したイスだが、長い自粛期間が終わったにも関わらず大衆から袋叩きにされた。

過去の論議で非難を浴びているイス

過去の論議で非難を浴びているイス(画像出典:M.C the Max イス Instagram)

今回も否定的な意見が沸き立っているのは、今、ちょうど韓国では ‘未成年者’ を含む女性たちを脅して性搾取した ‘N番部屋事件’ が国民の怒りを買っているからだろう。

一部のネットユーザーたちは、イスに対して「未成年者に性売買しても芸能界復帰が出来るのですね..」「N番部屋事件で大騒ぎな時に新曲でカムバックとは..」などの悪質なコメントが溢れている。

しかし、その一方では「10年も前の事をいつまで蒸し返すのですか」「イスさんは一生ひざまずいて生きろとでも言うのですか」「素晴らしい歌に違いはありません。M.C the Maxを応援します」などの応援コメントも見受けられる。

神がかりな歌唱力で、韓国の4大ボーカリスト ‘キムナバギ(ハングル 김나박이)’ の1人として知られているイス。

過去に歌手人生で大きな危機に直面した彼だが、その出来事を乗り越えて、今後どのような曲で強大なパワーを見せてくれるのか期待したいところだ。

※キムナバギ(ハングル 김나박이) = キム・ボムス(ハングル 김범수)、Brown Eyed Soulのナオル(ハングル 나얼)、パク・ヒョシン(ハングル 박효신)、イス(ハングル 이수)の頭文字を取った造語。


M.C the MAX ‘BLOOM(처음처럼)’ MV(動画出典:1theK(원더케이))
ⓒ 한국미디어네트워크 提供(http://sports.hankooki.com/)
本記事は韓国MEDIA NETWORKが運営するスポーツ韓国の記事内容の一部あるいは全部 及び写真や編集物の提供により作成されております。