毎年8月15日を迎えると、韓国芸能人を応援する日本のファンから「気が重くなりモヤモヤする」「問題になりそうな発言はしないでほしい」という声が聞こえてくる。

8月15日、日本は”終戦記念日”だが、韓国は独立記念日--”光復節”である。

それぞれの国にとって、歴史的な意義を持つ日に変わりはないのだが、政治家の発言などが度々問題視されるなど、緊張感が高まる一幕を見せてきているのも事実。

8月15日、日本は"終戦記念日"だが、韓国は独立記念日

8月15日、日本は”終戦記念日”だが、韓国は独立記念日である(画像出典:pixabay)

特に韓国の場合、政治家だけでなく、有名芸能人もSNSを通してその日に”一言”添えるというシーンが、日本で話題となることもしばしば。

芸能人の政治的発言がタブー視される日本では、その人が日本人であれ、韓国人であれ、慎重さに欠けた軽率な発言と見なされ、時にバッシングを受ける境遇に立たされる。

日本で多くのファンを抱え、出演ドラマが日本でも放送(もしくは配信)されたり、CDを発売したりするなど、活発な活動を展開している韓国芸能人であれば、バッシングの程度はなおさら大きくなってしまう。

だからなのか、韓国芸能人を応援する日本のファンは、8月15日が近づくと「何となく気が重くなりモヤモヤする」「問題になりそうな発言はしないでほしい」と、複雑な心境を訴える人も少なくない。

近年は、日本人メンバーが所属するアイドルグループも増えており、ファンからの「〇〇(日本人メンバー)に配慮して、日本でバッシングを受けるような発言はしないでほしい」という願望も聞こえてくる。

韓国芸能人を応援している、またはK-POP界で活躍する日本人を応援しているファンは、”寝た子を起こす”ような発言により、日本での活動を制限されたり、悪質なデマに泣かされることがないよう、切に祈っているのだ。

しかし、韓国ネットでは、このような”祈り”も、日本ファンの”無茶な押し付け”としか写っていない。

8月15日当日、韓国のオンラインコミュニティーでは、日本人の”切なる願い”が込められたツイートが紹介(スクリーンショット)されているが、ネットユーザーの反応は概ね冷ややかだ。

掲載されたツイートには「(8月15日に)何も言わないでほしい」「韓国人だから仕方ないけど、可能であれば‥」「外交的な発言は避けてほしい」など、上述した日本で問題視されがちな言動が、韓国に対して好意的ではない人々からバッシングを受けることを恐れている表現が綴られている。

しかし、韓国のネットユーザーはこの一連のつぶやきに「歴史の意識が欠けている」「日本は加害者」などと、強気な口調で批判。

特に今年は、東京2020オリンピックにおいて両国のネットユーザーによる舌戦が繰り広げられ、その矢先に迎えた8月15日であっただけに、韓国ネットユーザーの”逆上ぶり”は、例年よりヒートアップしているような雰囲気を見せた。

韓国の文化が好きで、韓国芸能人をこよなく愛している日本ファンの”切なる願い”や”祈り”は、残念ながら今年も韓国ネットユーザーに伝わることはなかったようだ。




最新韓流とK-POPニュース

人気ニュース

韓国社会 動画をみる

最新ニュース

おすすめニュース