歌手カン・ダニエルが、所属事務所LMエンターテインメントを相手取り、専属契約効力停止の仮処分申請を行った。カン・ダニエルは、LMエンターテインメントと専属契約を締結したことがあるが、相手の契約違反の事実がわかり、契約解除を要請したという。

Wanna One(ワナワン 워너원)出身の歌手カン・ダニエル(韓国名 강다니엘 22歳)が、所属事務所LMエンターテインメントを相手取り、専属契約効力停止の仮処分申請を行った。

Wanna One(ワナワン)出身のカン・ダニエルが所属事務所LMエンターテインメントを相手取り、専属契約効力停止の仮処分申請を行った

Wanna One(ワナワン)出身のカン・ダニエルが所属事務所LMエンターテインメントを相手取り、専属契約効力停止の仮処分申請を行った(写真提供:スポーツ韓国)

21日、カン・ダニエルの法律代理人である法務法人ユルチョン側は「カン・ダニエルの法律代理人である法務法人ユルチョンは、この日LMエンターテインメントを相手に、ソウル中央地方裁判所に専属契約効力停止仮処分申請をした」と明らかにした。

この事件を担当するヨム・ヨンピョ弁護士によると「LMエンターテインメントがカン・ダニエルの事前同意なしに、カン・ダニエルに対する専属契約書の各種権利を第三者に有償で譲渡する、共同事業契約を締結し、専属契約を真っ向から違反したため、仮処分申請をすることになった」と説明した。

引き続き、「通常仮処分は1~2ヶ月前後で速やかに決定がなされ、引用決定が出た場合はカン・ダニエルはすぐに独自の芸能活動ができる」とし「カン・ダニエルは状況が法的論争にまで行くことになって非常に切なく、自身を大切に思ってくれるファンにとても申し訳ないとしながら、今回の事態が一日も早く収束することを希望するということを伝えた」と付け加えた。

カン・ダニエル「自身を大切に思ってくれるファンにとても申し訳ない...」

カン・ダニエル「自身を大切に思ってくれるファンにとても申し訳ない…」(写真提供:スポーツ韓国)

以下、カン・ダニエル法律代理人法務法人ユルチョン側の公式立場全文

歌手カン・ダニエルの法律代理人である法務法人ユルチョンは、この日LMエンターテインメントを相手に、ソウル中央地方裁判所に専属契約効力停止仮処分申請

アイドル歌手カン・ダニエルの法律代理人である法務法人ユルチョンは、21日LMエンターテインメントを相手に、ソウル中央地方裁判所に専属契約効力停止仮処分申請をしました。

この事件を担当しているヨム・ヨンピョ弁護士は「LMエンターテインメントがカン・ダニエルに対する専属契約書の各種権利を第三者に有償で譲渡する、共同事業契約を締結し、専属契約を真っ向から違反したため、仮処分申請をすることになった」と明らかにしました。

彼は「通常仮処分は1~2ヶ月前後で速やかに決定がなされ、引用決定が出た場合はカン・ダニエルはすぐに独自の芸能活動ができる」と説明しました。

同時に「カン・ダニエルは状況が法的論争にまで行くことになって非常に切なく、自身を大切に思ってくれるファンにとても申し訳という意味ないとしながら、今回の事態が一日も早く収束することを希望するという意味を示しました」と付け加えました。

カン・ダニエルは、LMエンターテインメントと専属契約を締結したことがあるが、相手の契約違反の事実がわかり、契約解除を要請してきました。

[korea_sns_button]

LINE@友だち追加

[reaction_buttons]