去る24日、1stミニアルバム’CYAN’をリリースし国内外のファンを魅了したカン・ダニエルが、人生で初の’タロット占い’を体験。好調なリスタートを見せる彼に出された結果とは?

Wanna One(ワナワン / ハングル 워너원)出身の歌手カン・ダニエル(ハングル 강다니엘)が、人生初の’タロット占い’で自身のある習慣が公開されてしまった。

去る24日に放送されたMnet’カン・ダニエルカムバックショー CYAN’の番組内で、’タロット占い’により運勢を見てもらったカン・ダニエル。

彼はまず占い師に「初のミニアルバムは成功しますか」と質問した。この運勢を占うべく、カン・ダニエルがタロットカードを引くと…。

なんと’死’のカードを抜いてしまい、驚愕するカン・ダニエル。そのリアルな素のリアクションは視聴者らの笑いを誘ったが、本人は真剣だ。

カン・ダニエル

1stミニアルバムが好調なスタートを切ったカン・ダニエル(画像出典:カン・ダニエルInstagram)

驚く彼にタロット占い師は「もしかして活動を休んでいましたか? 活動を休んでから再び始めるなら、大変いい意味に解釈されます。うまくいきますよ」と説明され、ホッと胸をなでおろしていた。

続いて「金運が気になります」と質問した彼に、タロット占い師は「正直に申し上げてもいいのか」とし「現在、金運は無いと思う。もしかして最近、大きな出費はありませんでしたか?」と尋ねた。

これに対しカン・ダニエルは「実はフィギュアに沢山使ってしまう。あとは3~4カ月に1度、洋服も沢山買ってしまいます」と自身のプライベートの楽しみである’習慣’を素直に答えていた。

人生初の’タロット占い’により、趣味であるフィギュアやファッションにお金を費やしてしまうことが公開されたカン・ダニエル。青年らしいプライベートの楽しみにファンらはより親近感を覚えたようだ。

一方、カン・ダニエルは同日、初のミニアルバム’CYAN’をリリースした。

発売された24日基準で、オールアルバムチャート(All Album Chart)ではマレーシア、ベトナム、台湾、フィリピン、シンガポール、香港、トルコ、タイ、インドネシアの9地域でトップに立ち、日本では5位、ロシアでは7位などに入る快挙を成し遂げた。

K-POPアルバムチャート(K-POP Album Chart)ではマレーシア、ベトナム、台湾、フィリピン、シンガポール、香港、トルコ、タイ、カナダ、日本、オーストラリア、インドネシアなど12の地域で1位を席巻し、アメリカではBTS(防弾少年団 / 愛称 バンタン)の後を次いで2位を記録、スペイン6位、アラブ首長国連邦7位、サウジアラビア9位、ニュージーランド18位など、輝かしいランキングを見るとグローバルファンも彼のカムバックを待ってきたことを実感させている。

この結果からも、人生初の’タロット占い’が示した通り、彼のカムバックは大成功を収めていると言える。
カン・ダニエルは今日(26日)Mnetの’エムカウントダウン’を皮切りに、本格的な音楽活動に突入する。今後もさらに注目だ。


カン・ダニエル、人生初の’タロット占い’!(動画出典:M2)

カン・ダニエル

韓国出身の男性歌手。
Wanna One(ワナワン / ハングル 워너원)の元メンバー。
2017年韓国で放送されたオーディション番組「Produce 101 season2」に出演し101名の練習生の中で最終的に1位を獲得しデビューした。
ファンクラブ名は彼の名前“Daniel”に接尾語“-ity”が組み合わさった造語「DANITY(ダニティ)」。

カン・ダニエル プロフィール&記事(112)

ⓒ 한국미디어네트워크 提供(http://sports.hankooki.com/)
本記事は韓国MEDIA NETWORKが運営するスポーツ韓国の記事内容の一部あるいは全部 及び写真や編集物の提供により作成されております。