韓国プロジェクトグループWanna One(ワナワン)出身の歌手カン・ダニエル(ハングル 강다니엘)が、ソロデビュー後初めてファンサイン会を行い、ファンへの格別な愛を見せた。

歌手カン・ダニエル(ハングル 강디니엘)が、ソロデビュー後初めて行ったファンサイン会を成功裏に終えた。

カンダニエル サイン会 デビュー

ファンサイン会を行ったカン・ダニエル(画像出典:konnect Entertainment official Twitter)

7月31日と8月1日、光州(クァンジュ)、大田(テジョン)、釜山(プサン)、大邱(テグ)などで、ソロデビュー以来初めて正式にファンサイン会を開いて、ファンと特別な時間を過ごしたカン・ダニエル。

ソウルではなく、光州が初のファンサイン会場になったことも異例的な決定で、長く待っていたファンたちと、より一層近くで向き合うためのカン・ダニエルの「ファンへの愛」が作った結果だといえる。

この2日間で1,500km近く移動したにも関わらず、カン・ダニエルは疲れた表情は一切見せず、何よりもファンを最優先に考える格別の愛情を見せた。

カン・ダニエルの故郷である釜山では、公開的にファンサイン会が行われたため、サイン会が開かれる前から多くのファンたちが会場を埋め尽くしており、カン・ダニエルの登場と共にファンたちからはどよめきと悲鳴のような熱烈な声援が響き渡り、会場の雰囲気を一変させた。

ロッテ百貨店・釜山本店アリーナ広場で開かれたファンサイン会でカン・ダニエルは、終始一貫笑顔を浮かべてファン一人一人と大切な時間を過ごした。

カンダニエル ニエル サイン会 プサン

ファンへの愛をみせたカン・ダニエル(画像出典:konnect Entertainment)

特にサイン会を進めながら大型の電光掲示板を通じてリアルタイムで現場の姿を映し出し、遠い距離でも画面いっぱいに映ったカン・ダニエルを見る事が出来たのだが、これはサイン会場に訪れたすべてのファンたちと共にしたいというカン・ダニエルの配慮であったと言える。

退場する瞬間までもファンへの愛は続き、ファンサイン会が終了すると広場をひと回りしてファンと目を合わせて感謝の気持ちを伝えたカン・ダニエル。

サイン会の様子を見たネットユーザーたちは

「カン・ダニエルのファンへの愛がよく伝わりました」
「スタイルも容姿も心も全てが天使」
「カン・ダニエルの笑顔に癒されました」

などの反応を寄せ、ファンサイン会で見せたカン・ダニエルへの想いを伝えた。

カン・ダニエルは8月3日、ソウル・汝矣島(ヨイド)と上岩(サンアム)で引き続きファンサイン会を行い、ファンへの愛が溢れる特別な時間を過ごす予定だ。