多くのドラマに出演し、歌手・俳優として‘演技ドル(演技が上手なアイドル)’の先駆者であったJohn-Hoon(ジョンフン)が、新たな挑戦として‘ユーチューブ(Youtube)’の開設計画を明らかにしてファンから期待と関心が寄せられている。

‘宮~クン~Love in Palace(原題 궁)’や‘ロマンスが必要(原題 로맨스가필요해)’など様々なドラマに出演し、歌手としても癒しの歌声でファンを魅了してきたJohn-Hoon(ジョンフン / 本名 キム・ジョンフン)。

4月20日に自身のSNSを通じて、John-Hoonがユーチューバーへの変身を予告して話題になっている。

ユーチューブチャンネルを開設するJohn-Hoonジョンフン

ユーチューブチャンネルを開設するJohn-Hoon(ジョンフン)(画像出典:John-Hoon Instagram)

John-Hoonは、自身のインスタグラムに「良い方々の勧誘で挑戦をしてみようと思います。一度もしてみたことはないですが、自分なりに新しい挑戦をしてみようと思います」と綴った。

続けて「ある大会に出ようと思います。一人で経験するのは嫌なので、皆さんと一緒に共有しようと思います。ユーチューブで」と、ユーチューブ(Youtube)をスタートさせることを明らかにした。

さらにJohn-Hoonは「チャンネルの名前を何にしようか悩んでいて、皆さんの意見を聞いてみたくて文章を残しました。採用された方にはプレゼント差し上げます」と付け加えた。

1980年1月生まれのJohn-Hoonは今年40歳だが、文章と共に公開された写真の中には横になっている彼の姿が映し出されており、相変わらぬ美貌と童顔な容姿でネットユーザーたちを驚かせている。

新しい挑戦と共に、ユーチューブチャンネルの開設への意向を示したJohn-Hoonが、どのようなコンテンツでファンたちを喜ばせてくれるのか期待と関心が寄せられている状況だ。

John-Hoonの投稿を見た一部のファンたちからは「チャンネルの名前ですが、フニワールドなんてどうでしょうか?」「ユーチューブでジョンフンさんの歌っている姿が見たいです」「ジョンフンオッパ、変わらず童顔で美少年ですね」など熱い反応が寄せられている。

一方、John-Hoonは昨年2月に元恋人によって告訴され私生活に対する論議が浮上したことがある。

元恋人の女性は「自身が妊娠していることを知ると、John-Hoonが中絶を勧めてきた」と暴露し、ソウル中央地方裁判所に約定金請求の訴訟を申し立てたが、結局訴訟の取り下げを決めたことで論議は一段落した。

その後、John-HoonはROOTSエンターテイメントと専属契約を結び、今年1月に日本でファンミーティングを開催して芸能活動を再開。

今後は、ユーチューブチャンネルがJohn-Hoonとファンを結ぶ大切な空間になると思われ、さらに活動の領域を広げながら様々な分野に挑戦して行くことだろう。

K-POP男性アーティスト プロフィール&記事(985)