「PRODUCE 48」から誕生したグループ、IZ*ONE(アイズワン)で活動中のアン・ユジン。本日韓国メディアは彼女がこれまで通っていた高校を退学することを決めた、との報道を行い注目を集めている。ユジンが退学を決めたその理由とは…。

IZ*ONE(ハングル 아이즈원)として活動中のアン・ユジン(ハングル 안유진)が高等学校を中退する事を決めた。

日韓共に注目を集めたサバイバルオーディション番組「PRODUCE 48」から誕生したグループIZ*ONEに所属しているアン・ユジン。
2003年生まれで17歳(韓国の年齢では16歳)と未成年であった彼女はこれまで高等学校に通いながら学業とアイドル活動を両立させていた。

高等学校を中退する事を決断したアン・ユジン

大人っぽい外見だけれどもまだ未成年であるアン・ユジン(出典:IZ*ONE公式Twitter)

そのような状況であった中、本日韓国メディアは“彼女がこれまで通っていた高等学校を自主退学した”ということを伝えた。
OFF THE RECORDの関係者曰く、彼女は両親、OFF THE RECORDとともに自身の未来に対し話し合いを行っていたとのこと。
その結果、仕事により集中するために高等学校を自主退学する決断を下したというアン・ユジン。

今回、高等学校を自主退学するという決断を行った彼女だが、学業自体を辞めるということでは無く、今後は独学、ホームスクーリングで勉強を続けていくそうだ。
そして検定受験を通じて学力を認められるように行う予定であるということも今回OFF THE RECORDにより伝えられた。

今回のアン・ユジンの決断に対し「彼女と彼女の両親の意思を尊重し、これから全面的な支援を通じ、最善を尽くす」という立場を明らかにしたOFF THE RECORD。

幼いながらに今回自身の将来にかかわる大きな決断を行った彼女。
韓国ネット上からは彼女に対し、

「少し残念な気もするけど、忙しすぎるから仕方ない気もする…」
「学校に通えない分、これからはメンバー達と良い思い出を沢山作ってね」
「ユジンの決断はプロらしいものだと思う」
「ユジンは何をやっても上手く出来る子だから大丈夫!!頑張れ!!!」
「ユジンの成功的な未来を祈っているよ…!」

等と彼女の決断を肯定し、応援する声が多く聞かれている。
韓国内のみならず、日本などの海外でも活動を行うIZ*ONEのメンバーたち。
今回のアン・ユジンの決断により、彼女の負担が少しでも軽減され、彼女がアイドルとしての活動を思い切り楽しむ事が出来る事を望む。