現在韓国ネット上で注目を浴びている「PRODUCE X 101」の投票数捏造疑惑。当疑惑に関連し、Mnetが過去に放送したその他のサバイバルオーディション番組にも同じ疑惑が浮上し話題となっている。このような状況の中Mnetが放送したサバイバルオーディション番組の一つであった「アイドル学校」に出演していたイ・ヘインの父とみられる人物が行った書き込みが注目を集めている。

「アイドル学校」に出演していたイ・ヘインの父とみられる人物が行った書き込みが注目を集めている。

現在世間を騒がせている「PRODUCE X 101」の投票数捏造疑惑。
当疑惑は今やMnetで放送されたその他のサバイバルオーディション番組にも浮上しており、警察による捜査が行われている。

このような状況の中、過ぎた10月2日、疑惑が浮上している番組の一つである「アイドル学校」に出演していたイ・ヘインのファンが集うオンラインコミュニティには「うちの娘を思うと心が痛いです」というタイトルの書き込みが行われた。

アイドル学校 イ・へイン 投票数捏造疑惑 PRODUCE X 101

イ・ヘインのファンコミュニティに書き込まれた投稿の内容とは…?(出典:イ・ヘイン公式INSTAGRAM)

“オーディション番組の操作疑惑で騒がれている子の父親だ”との書き込みからイ・ヘインの父親ではないか、という推測が上がっている投稿主。

当人物曰く、オーディション番組に出演していた彼の娘はデビューをするに当たって不利にならない様に、“デビューが確定していない”にもかかわらず会社との契約を結んだとのこと。
また、当契約をするにあたって“保護者の同意の確認”は行われなかったという等からも、投稿主はこの時点で疑問を抱くも、娘の夢の妨げにならぬよう口を噤んでいたそうだ。

その後、番組内で彼の娘はデビュー有力候補といわれていたにもかかわらず何故か脱落してしまい、この結果には当時多くの視聴者達から疑問の声と共に投票数捏造疑惑が提起されることとなった。

当時の状況から“調査を行い、会社との契約も直ぐに破棄しなければ”と思ったという彼。
しかし彼は「遅くても2018年10月までには脱落者同士をデビューさせてくれると会社が約束した」という娘の言葉を信じ、再び娘の夢のために怒りを抑えたようだ。

だが、脱落者達をデビューさせるという約束は結局守られず、娘が2019年の夏に会社を去ったという衝撃の文章を綴った投稿主は「投票数捏造疑惑が落ち着くまでデビューを口実に娘が会社に縛られていた様な気がする」とその悔しさを表わした。

彼曰く、彼の娘には疑惑が浮上している最中も他の会社からの連絡が多く来ていたが、番組途中に結んだ契約のためにその話に応じることは出来なかったとのこと。

当投稿を見た人々からは

「これが本当なら本当に大変なこと」
「ヘインの足を引っ張ることになるってファン達が告訴を諦めたのにはこんな裏話があったんだ…」
「こんな風にするならCJはもうオーディション番組を作るな」

という番組に対する批判の声が続々と聞かれる事となった。

投稿内では現在「PRODUCE X 101」の投票数捏造疑惑と関連して自身の娘が巻き込まれた問題も捜査中であるということを伝えると同時に、“証拠が出たら必ず正しく訂正して欲しい”と訴えた投稿主。
当投稿が本当にイ・ヘインの父のものであるかは不明だが、このような思いをした人物が本当にいると思うと、真相の解明が早く行われ、二度と同じ被害が起こらないことを願わずにはいられない。