グローバルデビューを夢見る計1万3千人から選ばれた99人の最終合格者が、最終デビュー組のメンバー9人に選ばれるために成長していく過程を描くMnetのオーディション番組『Girls Planet 999:少女祭典』。日中韓の少女たちが夢に向かって頑張っているが、その中でも今回はJ-Group(日本グループ)のセンターを担当している江崎ひかるをご紹介したい。

今月6日から放送開始する(夜8時20分)、日中韓ガールズグループのデビュープロジェクトMnet『Girls Planet 999:少女祭典』(以下、GIRLS PLANET 999)。

グローバルデビューを夢見る計1万3千人から選ばれた99人の最終合格者が、最終デビュー組となるメンバー9人に選ばれるために成長していく過程を描くオーディション番組だ。

『Girls Planet 999:少女祭典』は日中韓ガールズグループ デビュープロジェクト

日中韓ガールズグループ デビュープロジェクト『Girls Planet 999:少女祭典』(画像出典:Girls Planet 999公式Twitter)

昨年、韓国の大手芸能事務所JYPエンターテインメントと日本のソニーミュージックがタッグを組んだオーディション番組『Nizi Project(虹プロ)』からデビューしたガールズグループ、NiziU(ニジュー)が大ヒットしたこともあり、これに続く大型新人ガールズグループの誕生に期待を寄せるK-POPファンは多い。

そんな中、先月30日に『GIRLS PLANET 999』の参加者99人が参加したシグナルソング『O.O.O(Over&Over&Over, オ.オ.オ)』の個人パフォーマンス動画が公開された。

現在、BTS(防弾少年団)の弟分グループTXT(トゥモローバイトゥギャザー)のメンバー、ヒュニンカイの妹として知られているヒュニン・バヒエが44万ビューで再生数1位を記録。3位にはJ-Group(日本グループ)の江崎ひかるが16万ビューを記録し、見事上位ランクインしている。

今回は、K-POPファンから関心が高まっている江崎ひかるについてご紹介したい。

『Girls Planet 999:少女祭典』に出演中の江崎ひかる

J-Groupの江崎ひかる(画像出典:Girls Planet 999公式Twitter)

江崎ひかるは、2004年3月12日生まれの現在17歳(日本年齢)。

『O.O.O』のJ-Groupのパフォーマンス映像ではセンターを務め、その存在感のある佇まいと、驚くべきダンスの実力で一気に視聴者の目を奪った。

(関連記事)Mnet『Girls Planet 999:少女祭典』テーマソング、‘O.O.O’ Performance (J-Group ver.)公開

彼女は、福岡のエイベックス・アーティストアカデミー出身で、同じスクールに通うメンバーと +GANG(クロスギャング)というユニットで活動していたこともあるようだ。

先月19日に公開された個人PR映像では、小さい頃から2NE1(トゥエニィワン)出身のCL(シーエル)が好きで、彼女がK-POPアイドルになる夢を持つきっかけを与えてくれたことを明かした。

またこのPR映像では、最初から最後まで韓国語を使用し、さらに得意なラップまで堂々と披露すると、視聴者を驚かせた。

若干17歳という年齢からは想像できないほど、ステージに上がると圧倒的なカリスマを見せつけ、すでに同じ練習生たちからも一目置かれる存在になっている江崎ひかる。

今後もその才能と実力でセンターの座に立ち続けることができるのか、多くの視聴者が見守っている。


江崎ひかる 自己紹介(動画出典: YouTube Mnet K-POP)

最新韓流とK-POPニュース

人気ニュース

K-POP女性アーティスト 動画をみる

最新ニュース

おすすめニュース