ガールズグループBrown Eyed Girls(B.E.G/ブラウンアイドガールズ)のメンバー、ガインが約10カ月ぶりに近況を公開し、話題を集めている。ここで思い出されるのが、過去、物議を醸したガインの投稿文だ。(写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

2日、Brown Eyed Girlsの公式インスタグラムには「Brown Eyed Girls 15th ANNIVERSARY」というメッセージとともに、各メンバー自ら書いたコメントが公開された。

その中でも、メンバーのガインは昨年6月以降、これといったSNS活動を行っておらず、ファンにとっては久々にうれしい知らせとなった。

久しぶりに近況を公開したガイン

Brown Eyed Girlsのメンバーガインが久しぶりに近況を公開した(写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

ガインは「こんにちは! お元気ですか? 私は私なりに元気に過ごしています。本当に会いたくて恋しいです。15周年だなんて‥私がもう35歳(日本の年で34歳)だなんて」と書き、少し奇妙な(?)犬のイラストも掲載。犬のイラストに関しては「私がイラストをうまく描けないわけじゃなくて、本当にこういう顔してるんだよ?」「私よりうまく描けるの?」とコメントし、見る人の笑いを誘った。

ガインが少し変わったメッセージとイラストを公開したことで、つい思い出されるエピソードが、元カレの俳優、チュ・ジフンと破局した時期にアップしたSNSの内容だ。

チュ・ジフンとガインは過去交際していた

ガインの元交際相手で俳優のチュ・ジフン(写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

ガインとチュ・ジフンは、2014年に熱愛を認め、公開恋愛をスタート。2016年に放送されたtvN『名簿公開2016』では、当時話題のスターカップル5位で紹介された。同番組で、2人は同じ年に俳優、歌手としてそれぞれデビューし、8年間親しい同僚だったが、2014年、ガインのミュージックビデオにチュ・ジフンが出演したことがきっかけで、恋人同士になったことが明らかになった。また、チュ・ジフンはBrown Eyed Girlsのファンだったことも告白した。

そんな中、2017年6月、ガインは自身のインスタグラムに「みんな知ってると思うけど、私は”*元薬屋(약쟁이)”の彼女」という驚きの文を掲載し、波紋を広げたことがある。

*元薬屋(약쟁이):麻薬を販売したり、常習的に麻薬を吸引する人を指す俗語

その時のガインの投稿は、以下だ。

私は現在治療中の精神疾患患者です。そのことは恥ずかしくありません。治ると思います。まず死ぬ覚悟で、刑務所に入る覚悟で、今から私が狂ってしまった理由を1つずつ申し上げます。

私は、皆さんご存知だと思いますが、元薬屋(チュ・ジフン)の彼女です。もちろん、今は受けるべき罰を受け、誰よりも精一杯生きている人ですが、私がチュ・ジフンさんの彼女だからといって、チュ・ジフンさんの友人パク・ジョンウクさんが私に大麻を勧めてきたんです。

はい。正直ちょっと手を出しそうになりました。正気ではなかったから。私は誰よりも堂々と生きてきたし、これからも合法になるまで大麻なんか(やらない)、すでに合法のモルヒネを投与中だから、あなたたちも悔しかったら(大麻を使って)刑務所に行くか、死ぬほど辛い病気でモルヒネを打つなりすれば。私に大麻を勧めたらその時は覚悟して。

広告なんて撮らなくてもいい。イメージなんかもう使って、食べて死んでも残るほど稼いだから。今後3カ月ごとに麻薬の検査を受けるよ

チュ・ジフンは、2009年、合成麻薬を使用した疑いで懲役6カ月執行猶予1年、社会奉仕命令や追徴金などを宣告されたことがある。

これを受け、警察は捜査を開始。同名で別人のモデル出身俳優パク・ジョンウクまでもが、あらぬ疑いをかけられるなど、ネット上でもさまざまな憶測が飛び交った。そして、ガインとパク氏は警察の調査を受けたが、大麻を勧めた事件と関連する物的証拠がないと判断し、パク氏に嫌疑なしの処分が下り、この騒動は終結することに。

結局、これが原因かは明らかにされていないが、この騒動から約1カ月後、ガインとチュ・ジフンの破局報道が流れ、これを認めることで2人の関係も終わりを迎えた。




最新韓流とK-POPニュース

人気ニュース

K-POP女性アーティスト 動画をみる

最新ニュース

おすすめニュース