来年上半期、歌謡界への出撃を予告しているダークビー(DKB)が公式SNSチャンネルを通じて新たな映像を公開した。映像内では日本語と中国語をメンバー同士で勉強する姿が映し出されている。

ブレイブエンターテインメント(BRAVE ENTERTAINMENT、以下 BRAVE)が7年ぶりに披露するボーイズグループ・ダークビー(DKB)の新たな映像が公開された。

DKB 外国語学習映像

本日DKBの新たな映像が公式SNSチャンネルを通じて公開された(画像出典:DKB公式YouTubeチャンネル動画キャプチャー)

12月17日午後6時、ダークビー(DKB)の公式SNSチャンネルを通じて「DKB:FOOTAGE/STUDYROOM」というタイトルの映像が公開された。

当動画内では、ダークビーのメンバー E-CHAN、LUNE、HEECHAN、GK、JUNSEO、TEO、YUKU、HARRY-JUNE、D1の姿を確認することができる。

外国語の勉強に力を入れるDKB

作詞作曲と振り付けの練習時間を割いて外国語の勉強に力を入れるDKBメンバーら(画像出典:DKB公式YouTubeチャンネル動画キャプチャー)

日本人のYUKU先生(?)の指導の元、日本語の否定形と過去形に悩ませるE-CHANとD1の姿が映し出されている。

日本語だけでなくメンバーらは中国語の勉強にも力を入れることが見て取れる。映像開始から1分6秒後にはメンバー・LUNEとTEOが流暢な中国語で教材を読み上げるシーンも登場する。

HEECHANは「まだ日本語’を’上手じゃありません’か’、これから一生懸命学びたいと思います。」と今までの日本語学習成果を見せてくれた。

最後にメンバーらは外国語勉強の難しさを語り合うシーンが登場した。

D1は「言葉が上手く出てこないと思う…言いたいことはたくさんあるのに..もどかしくなるな」と自信なさげに首を振ったら、メンバーらは「努力するしかない」と気を引き締めた。

韓国国内でも大きな期待を寄せられているDKBだが、彼らの視線は既に海外へ向かっている。一刻も早く海外ファンとの交流を実現させるため汗水を流しているDKBの姿は、今後も順次公開される予定だ。


DKB:FOOTAGE\STUDY ROOM