• 「韓国の文春」と呼ばれている、韓国メディアのディスパッチ(Dispatch)。
  • 毎年のように、元旦には“ディスパッチ砲”と言われる、大物スターらの熱愛スクープを報じている。
  • しかし過去には、元旦のスクープを自粛したことがあるよう。その理由とは?

韓国メディアのディスパッチ(Dispatch)と聞いて、すぐにピンと来た方は、韓国エンタメ通!

「韓国の文春」とも例えられる同メディアは、元旦に“ディスパッチ砲”と言われる、大物スターらの熱愛スクープを報じている。

イ・ジョンソク(左)とIUというビッグカップルが誕生!

イ・ジョンソク(左)とIUというビッグカップルが誕生! (写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

しかし、今年(2023年)は予定を1日前倒ししたのか、大晦日に“ディスパッチ砲”を発表。俳優イ・ジョンソクとIU(アイユー)というビッグカップルの熱愛を報じた。

[expander_maker id=”1″]

これまでディスパッチは、数々の人気スターらのスキャンダルを報道してきたが、特に元旦に熱愛説を報じたカップルは、年明け最初のスクープだけに大物ばかり。

  • 2013年:RAIN(ピ)&キム・テヒ
  • 2014年:イ・スンギ&ユナ(少女時代)
  • 2015年:イ・ジョンジェ&財閥令嬢イム・セリョン
  • 2016年:キム・ジュンス&ハニ(EXID)
  • 2018年:G-DRAGON(BIGBANG)&イ・ジュヨン(元AFTERSCHOOL)
  • 2019年:カイ(EXO)&ジェニー(BLACKPINK)
  • 2021年:ヒョンビン&ソン・イェジン
2021年元旦の“ディスパッチ砲”は、この2人の熱愛

2021年元旦の“ディスパッチ砲”は、この2人の熱愛 (写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

これらの熱愛説は、新年最初のスキャンダルとして、世間をアッと驚かせた。

(関連記事)‘韓国の文春’ Dispatchが正月に報じた韓国芸能界の歴代熱愛スクープ

しかし、年度をよく見ると、2017年と2020年、2022年の元旦は、恒例の“ディスパッチ砲”は出されていないよう。

実は2017年は、朴槿恵(パク・クネ)元大統領の憲法裁判所による最終の弾劾問題など、韓国国内の情勢がかなり不安定だった頃。

そのため、ディスパッチは「これまで以上に政治への関心が必要な時。そのため、2017年1月1日は休みました」と、元旦の芸能スクープを自粛した理由を説明した。

2020年は、理由について言及していないが、2019年には故ソルリさんや故ク・ハラさんなど、韓国芸能人の寂しいニュースが続いたため、自粛したのではないかと見られている。

2022年は、報道の代わりに、公式YouTubeチャンネルを通じて「D’FESTA」という10周年を祝うイベントの予告映像が公開された。

元旦の“ディスパッチ砲”は毎年多くの関心を集めているが、一方では、アイドルのスキャンダルを心配するファンの声が年々強まっているのも事実。

ディスパッチが上記の熱愛説を発表した時間は、どうやら午前10時前後が多いよう。

今年のイ・ジョンソクとIUの熱愛報道は、イレギュラーの大晦日の発信となったが、来年は、“元旦午前10時”が韓国エンタメファンの緊張のピークになりそうだ。

酒井知亜

韓国のデパ地下が大好き、酒井知亜です。韓ドラファン歴が長いですが、主にK-POP関連の記事を発信しております。韓国SNSで話題の最新イシューやスターの気になる素顔などを、読者のみなさんにわかりやすく伝えることをモットーに奮闘中です。

記事一覧を見る(503件)




[/expander_maker]

ご意見を自由にコメントしてください!

記事に関するご意見や情報提供はこちらのフォームをご利用ください。

編集部おすすめ記事blank

サイトの広告について

Danmee(ダンミ)は、収益化の一環としてオンライン広告を展開しております。広告の内容(公序良俗を害するもの)や、可読性の低下につながる広告に関するご意見はこちらのフォームをご利用ください。

この記事と関連度が高いトピック

現在読まれています!

最新記事

RECENT TOPICs