東方神起がニューアルバム「TOMORROW」でオリコンウィークリーアルバムチャートで7回目の1位となった。

人気アイドルグループ 東方神起が、オリコンチャートの歴史に新しい記録を刻んだ。

東方神起のニューアルバム「TOMORROW」

東方神起のニューアルバム「TOMORROW」

25日東方神起の所属事務所 SMエンターテインメントは、去る19日に日本で発売したニューアルバム「TOMORROW」が、9月17日から23日までのウィークリーアルバムチャートで1位になったと発表した。
今回の1位で東方神起は、ウィークリーアルバム1位記録を7回目に伸ばした。この記録は海外男性アーティストとしては最多で、BoAが持っていた海外アーティスト最多1位ともタイ記録となった。

オリコンは25日ホームページに「東方神起の再始動後初となるオリジナルアルバム『TOMORROW』が、10/1付オリコン週間アルバムランキングで初登場1位を獲得」と報じ、東方神起の快挙を詳しく伝えた。

この報道を受け、多くの韓国ネチズンが感心する様子を見せている。
多くのネチズンは、メンバーの脱退などの騒動や軍隊という空白にも関わらず、日本で活躍を続けている東方神起に「誇らしい」「いつも応援している」などのコメントを寄せている。

一部のネチズンは「日本でK-POPアイドルが、これほど活躍できるような環境を整えたのは東方神起だ!今のK-POPアイドルは彼らに感謝するべき」など、K-POPのパイオニアでありながら、日本でのK-POP人気の立役者として東方神起を称えた。

1度ファンになったら、長く続く日本のファン心を高く評価するコメントも多数見られた。
「日本人は韓国人と違って、1度ファンになったら、長く続く。それが多くのアーティストには励みとなり、頑張れる原動力にもなる」「韓国人はサセンみたいな熱狂的なファンが多いが、長く続かないよね。アイドルとしても、成熟したファン心を長く見せてくれる日本のほうが、心地よいかもな。」など、東方神起の人気長寿の理由を日韓両国のファン文化の違いにあるとの意見も多かった。

一方、東方神起は来る26日から始まるさいたまスーパーアリーナでのコンサートを皮切りに、「東方神起 LIVE TOUR 2018」を行う予定だ。

▼東方神起 Road MV▼

▼東方神起 ニューアルバム「TOMORROW」SPOT▼

[korea_sns_button] [reaction_buttons]