新大久保に行くなら必須クーポン! 各種料理の割引クーポンから一品サービスクーポンまで! 今すぐチェックする人はこちら

BTS(防弾少年団)のメンバー、ジミン(本名 パク・ジミン 박지민 23歳)が韓国の文化体育観光部発行の“ウィークリー共感(韓国名 위클리 공감)”という雑誌の表紙を飾り注目を集めている。

BTS(防弾少年団)のジミン(本名 パク・ジミン 박지민 23歳)がまたもや新たな快挙を成し遂げ、韓国ネット上で話題となっている。

今回ジミンが成し遂げた快挙というのが、韓国の文化体育観光部発行の“Weekly共感(韓国名 위클리 공감)”という雑誌の表紙を飾るというものであった。

扇子パフォーマンスを披露するジミンが表紙となったWeekly共感

扇子パフォーマンスを披露するジミンが表紙となったWeekly共感(出典:Weekly共感)

韓国内の生活に関する情報や政治に関する情報等を取り扱っているという当雑誌は今回、昨年末のMelon Music Awaedsでジミンが扇子を使ったパフォーマンスの際に着用していた衣装をデザインしたファン・イスル氏のインタビューが掲載されているとのこと。
そんなファン・イスル氏のインタビューを掲載するに当たって“ウィークリー共感”は扇子パフォーマンスを行うジミンの姿を収めた写真を表紙に選んだといわれている。

昨年12月に披露され大きく話題となったジミンの扇子パフォーマンス

昨年12月に披露され大きく話題となったジミンの扇子パフォーマンス(出典:YouTube)

また、扇子パフォーマンスを行うジミンと共に「BTSジミンも着た韓服“全世界の人々のジーンズのように”」というタイトルも表紙を飾るという“ウィークリー共感”。
タイトルにある「BTS ジミンも着た」という部分はBTS、そしてジミンがブランドとして世間に認識されていることを再確認させるものとなっており、こういった部分にも多くの関心が寄せられているようだ。

これまで政策面で注目を集めている事柄に関連した写真が多く表紙を飾ってきた中で、今回表紙に選ばれることとなったアイドルのジミン。
このことに対しBTSのファン達からは「文化勲章、愛国歌映像の次は政府の雑誌の表紙を飾るだなんて…。歴史に名を残す人物になっていくジミンが本当に誇らしい」「ジミンは二度と生まれないレジェンドの中のレジェンド」「韓国を代表するアイドルで世界的なスターでもあるジミンが本当に誇らしい!」というジミンに対する称賛の声が非常に多く上がった。

ジミンが表紙を飾る“ウィークリー共感”は3月25日から31日までのニュースを載せる496号で、3月31日まで文化部の無料配布発刊物として配布されるとのことでファン達からは「この雑誌が欲しい」という声も上がっているようだ。


Melon Music Awaedsでジミンが披露した扇子パフォーマンス
[korea_sns_button]

LINE@友だち追加

この記事はお役に立ちましたか?
  • 役に立った (0)
  • 普通だった (0)
  • 役立たず (0)