BTS(防弾少年団)のメンバーJ-HOPEが母校に寄付を行った。

グローバルアーティストBTS(防弾少年団)のJ-HOPEが、2月18日自身の誕生日を迎え、児童養護代表機関緑の傘子ども財団に1億ウォン(約1000万円)を寄付した。

2月18日に誕生日を迎えたBTSのメンバー J-HOP

2月18日に誕生日を迎えたBTSのメンバー J-HOPE(出典:Twitter)

18日J-HOPEは、光州広域市にある緑の傘子ども財団光州地域本部を通じて、母校の低所得家庭の後輩のために使ってほしいと、1億ウォンを寄付した。

J-HOPEは、世界中のファンが継続して寄付活動をしており、本人もこれに参加したいと寄付をしたことがわかった。J-HOPEの母校は光州広域市にある国際高校であり、緑の傘子ども財団はJ-HOPEの意志を引き継ぎ、学校に支援が必要な学生を選抜した後、奨学金を渡す予定だ。

J-HOPEは昨年12月20日にも、緑の傘子ども財団に1億5000ウォン(約1500万円)を寄付している。緑の傘子ども財団の関係者は「当時、絶対に明らかにしないでほしいと、支援が必要な児童のためにこっそりと寄付をした。寄託された後援金は、経済的困難で夢を実現するのが難しい学業および芸・体・能有望株と病と闘う児童支援のために使われる予定だ」と明らかにした。

J-HOPEは今回の寄付で計2億5000万ウォンを寄付したことになり、緑の傘子ども財団の1億ウォン以上の大口寄付者の集まり「グリーンノーブルクラブ」の146番目のメンバーになった。

緑の傘子ども財団のイ・ジェフン会長は、「世界的なグループBTSのメンバーJ-HOPEが、大切な日を迎え、困難な子どものことを思い、寄付を行ったことに深く感謝している。この貴重な意味を受け継ぎ、緑の傘子ども財団も低所得家庭の児童支援に最善を尽くしていく。これからも良い姿をお願いしたい」と伝えた。

[korea_sns_button]

LINE@友だち追加

[reaction_buttons]