BTSのメンバー、ジンが親友の結婚式で司会を務めたという微笑ましい便りが届けられた。ワールドスターの登場に参列者はさぞ驚いたことだろう。友人への想いが込められたジン司会者による温かい結婚式に、祝福の声と共に多くの関心が寄せられている。

BTS(防弾少年団)のジン(本名 キム・ソクジン)が親友の結婚式に参列し、披露宴では司会を務めたという心温まる知らせが届けられた。

ジューンブライドである6月の吉日、この日のジンはフォーマルなスタイルに身を包み、マスクを常備し、マイクが用意された司会者席にいた。

厳かであり華やかな雰囲気に包まれた中、「司会を引き受けました、新郎の15年来の友人、キム・ソクジンと申します」と優しさが込められたトーンで挨拶をしたジンに、参列者から多くの声援が届けられていた―――。

BTS ジン

フォーマル姿のジンも見てみたい!(画像出典:BTS Twitter)

ジンが司会を務めたのは、15年来の友人の結婚式であるよう。
以前、公式Twitterで中学時代の友人について語っていたことがあり、その時に言及していた内の一人ではないかと推測されている。

ワールドスターとなり日々活動的に過ごしているBTSだけに、プライベートのスケジューリングはさぞ難しいことだろう。そのような中で友人の結婚式に参列出来たことは、ジンにとっても嬉しい出来事であったようだ。

本来であれば、BTSは現在、ワールドツアーの真っ只中であり、結婚式当日はコンサートの準備に追われるか、現地に出向いているといった状況であったはずだ。ツアー日程から予測するに、シカゴまたは福岡あたりの海外スケジュールの最中であったことだろう。

だが、新型コロナウイルスの影響でワールドツアーは延期となり、韓国でのみ活動する以外に選択肢が無かったBTS。
それが怪我の功名、はたまた、災い転じて福となすとでも言おうか、15年来の友人であり”親友”とも呼べる仲間の結婚式に参列することが叶ったのだ。逆に言えば、昨今の情勢でなければ親友の新しい門出を祝う事も難しかっただろう。

BTSのメンバー ジン

WWHことBTSのジン。彼の司会振りがどのようなものだったのか気になる所だ(画像出典:BTS Twitter)

さて、BTSの長兄であるジンは”司会”という大役を無事に成功させたのか、気になるところである。視線や注目を浴びると耳が赤くなってしまうことで有名なジンであるだけに、ファンからも言及されているようだ。

果たして、緊張が耳にまで出てしまったのか‥この真偽のほどは新郎新婦にしか分からない答えであろう。

親友が新しい夫婦として誕生する瞬間を共に過ごせたことは、ジンにとっても友人にとっても感無量だったに違いない。



BTS

BTS(防弾少年団)は2013年6月13日にデビューした韓国の7人組男性アーティストグループで、パン・シヒョクのプロデュースによって誕生した。
BigHitエンターテインメントに所属している。
デビューアルバムは『2 COOL 4 SKOOL』、デビュー曲は『No More Dream』。
グループ名の”防弾少年団”には、10代、20代に向けられる抑圧や偏見を止め、自身たちの音楽を守りぬくという意味が込められている。
ハングル表記は”방탄소년단(バンタンソニョンダン)”から”バンタン”と呼ばれることが多い。

BTS プロフィール&記事(1108)