BTS(防弾少年団)メインボーカルのジョングクが、アメリカの人気シンガーソングライター チャーリー・プース(Charlie Puth)とコラボすることが発表された。2人は2018年に韓国で行われた『2018MBC PLUS × genie. music AWARDS』でコラボステージを披露しているが、それよりも前に2人の心が通じ合っていたと思われる映像がある。

BTS(防弾少年団)メインボーカルのジョングクが、アメリカの人気シンガーソングライター チャーリー・プースとコラボすることが発表された。

チャーリー・プースの新曲でコラボするBTSのジョングク

チャーリー・プースの新曲でコラボするBTSのジョングク(写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

2人のコラボ曲『Left and Right(Feat.JungKook of BTS)』は、来る6月24日(現地時間)に公開される。

6月17日、チャーリー・プースは、公式TikTokアカウントや公式Twitterを通じて、ジョングクが自身のニューシングル『Left and Right』にフィーチャリングとして参加することを明らかにした。

あわせて公開された映像は、ジョングクとチャーリー・プースがビデオ通話をしているコンセプトになっており、ジョングクが『Left and Right』を歌っている姿が映っている。

短い動画ではあるものの、2人のキレイな歌声の一部が先行公開されたことで、2人のコラボはますます期待が高まった。

ところで、ジョングクとチャーリー・プースのコラボは、今回が初めてではないのをご存じだろうか。

2018年にコラボステージを披露したジョングクとチャーリー・プース

2018年にコラボステージを披露したジョングクとチャーリー・プース(画像出典:Youtubeキャプチャー)

実は彼らは、”4年前”にすでにコラボをしているのだ。

それは2018年11月、チャーリー・プースとジョングクは、韓国で開催された『2018MBC PLUS × genie. music AWARDS』にて、チャーリー・プースとセレーナ・ゴメスのヒット曲『We Don’t Talk Anymore』を披露している。

これは2017年2月にジョングクがこの曲のカバー音源を公開したことがきっかけとなり、チャーリー・プースが韓国訪問の際にジョングクと会い、コラボステージの実現に至ったそうだ。

しかし、このコラボステージよりも前に公開されていた興味深い映像がある。

2018年5月、Warner Music Koreaの公式YouTube(ユーチューブ)チャンネルで公開されたチャーリー・プースのインタビュー映像だ。

その中で、チャーリー・プースは「BTSが好きです。音楽が本当に良いと思います」と伝え、ジョングクの名前のスペルを間違えてしまった(“jungkook”を”jungcook”に)エピソードなどを告白している。

そして「(BTSと)友達になれそうです。多分、いつかは..」とBTSへ関心があることを笑顔で話していた。

4年前、インタビューでBTSについて話すチャーリー・プース

4年前、インタビューでBTSについて話すチャーリー・プース(画像出典:YouTubeキャプチャー)

チャーリー・プースとジョングクは、”4年前”からすでにお互いの気持ちが通じ合っていたようだ。

さらに、今回4年振りに披露するコラボについて、ファンの間では密かな噂になっていたという。

それは2022年4月、『第64回グラミー賞』に出席したジョングクが、コラボレーションしたい歌手としてチャーリー·プースを挙げていた経緯がある。

ファンの間では「何かの匂わせ? 秘密のプランがありそう」「もしかしたらコラボでもするのか?」とにわかに噂がされていた。

これには理由がある。ジョングクは4月のグラミー賞参加時と、5月のホワイトハウス訪問の際、個人スケジュールのため、他メンバーとは別行動し、一足先に出国をしていたからだ。

それがチャーリー・プースとのコラボ準備のためだったかは不明だが、今回のコラボが発表され、「やはり秘密のプランが進行していた!」と納得したファンも多かったようだ。

2人の4年ぶりのコラボについては、海外でも大きな注目を集めており、米国ビルボードコラムニストのジェフ・ベンジャミン(Jeff Benjamin)が自身のTwitterを通じ、「『Left and Right』のBTSジョングクのボーカルを聞くには、必ず良いヘッドホンで聞いてください」と幻想的なジョングクのボーカルに大きな関心を示している。

さらに「すでに大ヒットしそう!」と期待感もあらわにしており、海外でも大きな反響が上がっている。

(構成:酒井知亜)




BTS

BTS(防弾少年団)は2013年6月13日にデビューした韓国の7人組男性アーティストグループで、パン・シヒョクのプロデュースにより誕生した。

HYBE(旧Big Hitエンターテインメント)所属。

デビューアルバムは『2 COOL 4 SKOOL』、デビュー曲は『No More Dream』。グループ名の”防弾少年団”には、10代、20代に向けられる抑圧や偏見を止め、自身たちの音楽を守りぬくという意味が込められている。

ハングル表記は”방탄소년단(バンタンソニョンダン)”から”バンタン”と呼ばれることが多い。

BTS 最新記事はこちら(2761)

ご意見を自由にコメントしてください!

記事に関するご意見や情報提供はこちらのフォームをご利用ください。

編集部おすすめ記事blank

サイトの広告について

Danmee(ダンミ)は、収益化の一環としてオンライン広告を展開しております。広告の内容(公序良俗を害するもの)や、可読性の低下につながる広告に関するご意見はこちらのフォームをご利用ください。

この記事と関連度が高いトピック

現在読まれています!

最新記事

RECENT TOPICs