いまや世界的なトップスターとなったBTS(防弾少年団)。しかし、その道のりは決して楽なものではなかった。特に、グループ内でもメインボーカルを任されている最年少メンバーのジョングクは、プレッシャーも相当なものがあったようだ。(写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

24日、tvN人気バラエティー番組『You Quiz on the Block(ユー・クイズ・オン・ザ・ブロック:ユークイズ)』(以下、ユークイズ)では、7人組ボーイズグループBTS(防弾少年団)の特集が放送された。

BTSの、4年ぶりとなる地上波バラエティー番組への出演。BTSにとっても、ファンたちにとっても貴重な放送時間100分間の中で、メンバーへのインタビューも行われ、メンバーたちは、それぞれ自分の幼少期や練習生時代、家族のことなど、思い思いに語っていた。

当時の心境を語ったジョングク

BTSの末っ子ジョングクも当時の心境を語った(写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

メンバーの中で最年少のジョングクは、日本の年でまだ13歳という幼い時に、1人で地元釜山(プサン)からソウルに上京。所属事務所BigHit(ビッグヒット)エンターテインメントの練習生としての生活を始めている。

ジョングクは今回のインタビューで、

「建物もとても高くて、道路も5車線とかあって、すごく大きくて怖かったです。最初にソウルに来た時は、ここで自分はどうやって暮らしていくのかな? と。宿舎に入って何ヶ月経った頃かな? 母に会いたくて‥。コンビニでカップラーメンを食べながら、会いたくて泣きました」

と、当時の寂しかった胸の内を明かした。

BTSのメンバーとして、15歳(日本年齢)でメインボーカルをはじめ、リードダンサー、サブラッパーまで担当。何でもオールラウンドにこなすことから”黄金マンネ(末っ子)”というニックネームをつけられるほどの実力を持っているが、そんなジョングクでもかなりのプレッシャーを感じていたようだ。

ジョングクは、メインボーカルとしてデビューした後のことについて、

「ほかのグループのメインボーカルの人たちは本当に歌がとてもうまくて、ダンスも上手で、かっこよくて‥。僕はなんだろう? 僕は果たしてこのグループのメインボーカルでいいんだろうか? 成長して、うまくこなす姿を見せないといけないから、行動でそれを変えられるのは自分だけだと思って、その時から”ボーカルトレーニングの時間”という概念をなくしました。車で、トイレで、シャワーしながら‥。1日24時間の中で、僕が歌を歌える時は必ず歌を歌いながら」

と、メインボーカルとしての責任を果たすべく、日々努力していたことを打ち明けた。

また、「腕がすり減って、足がすり減って、僕の肺が潰れて‥僕の声が枯れるまで、僕はただ歌を歌いたいという思いがある」と、歌に対する熱い信念を吐露する姿に、ARMYたちはただ感動するばかりだった。

普通の学生時代や青春時代を送ることなく、幼い頃からアイドルという厳しい世界に飛び込んだジョングク。

早くから親元を離れたため、甘えたい時期に親にも甘えられず、同級生たちが普通にするであろう経験ができなかった。友だちとも遊べず、女の子とデートもできず‥。知らない街で年上の兄たちと暮らしながら、我慢することもたくさんあっただろう。

しかし、「当時のジョングクに、いまのジョングクが言いたい言葉は?」という質問には、

「特に言葉はかけたくないです。たくさんぶつかって、怒られて、経験してきたから、いまの僕が作られたように思います」

と語り、自分に対してなおも厳しい姿も見せるジョングクに対し、「泣ける」「かっこよすぎ」「また泣かされた」「涙が止まらない‥」「本当にすごい」などの、ARMYたちからの熱い反応が多数寄せられている。


『You Quiz on the Block』ジョングク インタビュー(動画出典:유 퀴즈 온 더 튜브)



BTS

BTS(防弾少年団)は2013年6月13日にデビューした韓国の7人組男性アーティストグループで、パン・シヒョクのプロデュースにより誕生した。

HYBE(旧Big Hitエンターテインメント)所属。

デビューアルバムは『2 COOL 4 SKOOL』、デビュー曲は『No More Dream』。グループ名の”防弾少年団”には、10代、20代に向けられる抑圧や偏見を止め、自身たちの音楽を守りぬくという意味が込められている。

ハングル表記は”방탄소년단(バンタンソニョンダン)”から”バンタン”と呼ばれることが多い。

BTS プロフィール&記事(1817)

最新韓流とK-POPニュース

人気ニュース

BTS 動画をみる

最新ニュース

おすすめニュース