今、ブームを巻き起こしているヒョンビン×ソン・イェジンの話題作『愛の不時着』。劇中、北朝鮮兵士が韓国ドラマを密かに見ていたり、停電により列車が止まったりという描写が描かれた。脱北者の方が非常にリアルだと解説していた列車のシーンだが、最近、実際に停車していた列車の中で、軍人が護送されるという事件が起こった。

日本でもNetflix(ネットフリックス)で配信され、俳優ヒョンビンと女優ソン・イェジンの共演で話題のtvNドラマ『愛の不時着』。

同作の人気に火が付いたきっかけとなった1つが、ミステリアスな国・北朝鮮の実状を細かく描写した点だろう。中でも、多くの脱北者の方が「実際によくあることだ」と口を揃えていた、劇中、平壌(ピョンヤン)に向かう列車が停電のため途中で止まるシーン。アコーディオンを弾きながら合唱する音楽団の様子も描かれたが、いかにこのシーンがリアルな描写だったのかと思うような出来事が、実際に北朝鮮で起きた。

『愛の不時着』音楽団のシーン

『愛の不時着』音楽団のシーン(画像出典:愛の不時着 キャプチャー)

最近、朝鮮人民軍の20代の軍人3人が、止まっていた列車内で護送される事件が発生した。彼らは、アイドルグループBTS(防弾少年団)の『血 汗 涙』のダンスをしていたという罪で、現在処罰を待っているところだという。

8月11日、韓国メディア・デイリーNKの軍内部情報筋によると、事件は8月5日の夜、北朝鮮・咸鏡南道(ハムギョンナムド)で発生。平壌(ピョンヤン)発、恵山(ヘサン)行きの列車が停電で突然止まり、この時、列車内で行われた娯楽会で3人の軍人はBTSのダンスを踊った。だが、これを見ていた保衛司令部の幹部が突然彼らを引き連れて行ったという。

以後、状況は緊迫した状態で続き、3人の軍人らは列車内に居合わせた総政治局員と保衛司令部幹部の決定により護送された。「国のために戦死された人たちの革命精神を習いに行く途中、南朝鮮(韓国)のダンスを真似た」という理由であった。

調査過程で、3人の軍人は「南朝鮮のダンスなのか分からなかった」という立場を表明したと伝えられ、「部隊内で習った」「入隊前に該当のダンスが流行していたので踊っただけ」と述べているという。

BTS『血 汗 涙』

BTS『血 汗 涙』(画像出典:血 汗 涙 Youtube キャプチャー)

だが、今回の事件は、総政治局と保衛司令部の幹部に発見されたため、部隊の立場としては堪え難い状況で、「量刑が軽くて降職および6カ月の革命化(下放)処分、重い場合は生活除隊(不名誉除隊)になる可能性がある」という話も出ているようだ。

しかし、「なぜダンスの動きだけを見て保衛司令部の幹部らが韓国の歌手と『血 汗 涙』という歌のタイトルまで正確に指摘することが出来たのか」という疑問も提起されているというが、保衛司令部内では外部映像を週に3時間ずつ視聴する専門部署があるため、大きな問題として取り上げられる確率は低いと見られる。

『愛の不時着』の劇中、北朝鮮兵士で中隊員のキム・ジュモク(俳優ユ・スビン)が勤務中にこっそりと韓国ドラマ『天国の階段』を見ているシーンもあったが、実際に見つかれば、軍幹部のおかんむりだけでは済まされないことなのだろう。

ノスタルジーに溢れ、新鮮な北朝鮮の様子が描かれていた『愛の不時着』。韓国を含め世界中の人々にとって北朝鮮が柔和なイメージになったかもしれないが、今回の事件を置いて、南北分断の溝はまだまだ深く“民族の和解”への道のりは遠いと感じる。



BTS

BTS(防弾少年団)は2013年6月13日にデビューした韓国の7人組男性アーティストグループで、パン・シヒョクのプロデュースによって誕生した。
BigHitエンターテインメントに所属している。
デビューアルバムは『2 COOL 4 SKOOL』、デビュー曲は『No More Dream』。
グループ名の”防弾少年団”には、10代、20代に向けられる抑圧や偏見を止め、自身たちの音楽を守りぬくという意味が込められている。
ハングル表記は”방탄소년단(バンタンソニョンダン)”から”バンタン”と呼ばれることが多い。

BTS プロフィール&記事(1167)