BTS(防弾少年団)が、ビルボードの”アーティスト100″で1位に輝いた。彼らが通算16回の1位を獲得したこの”アーティスト100″とは一体どのようなランキングなのだろうか?(写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

世界的な人気を博しているK-POPグループ、BTS(防弾少年団)が、米Billboard(以下、ビルボード)で1位を勝ち取った。

ビルボードの"アーティスト100"で1位に輝いたBTS

BTSがビルボードの”アーティスト100″で1位に輝いた(写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

今月2日、ビルボードは最新チャートを公開しながら、アーティストの人気と影響力を示すことで知られている『アーティスト100』で、BTSは先週より4つも順位を上げ、1位となったと伝えている。

同チャートでBTSが1位となったのは、今回で16回目。

グループ(バンド)としては最多記録であり、歌手全体でも4番目に多い記録だという。

BTSは世界最高のバンド!『アーティスト100』とは

『アーティスト100』は、現在一番高い影響力と人気を持つポップスターが分かる指標として、世界のメディアやSNSに取り上げられている。

指標の根拠となる資料としては、

  • アルバムやシングルの販売量
  • ラジオ放送数やストリーミング数
  • SNSでの反応

などが挙げられる。

ビルボードのㅡメインチャートである『ビルボードHOT100』と『ビルボード200』と共に、ビルボードTOPチャートの一角であり、上述のように、現在のポップスターが分かる指標となっている。

BTSが、『ビルボードHOT100』や『ビルボード200』といったメインチャートを席巻したというニュースは、日本でも大々的に報じられ『アーティスト100』に馴染みの薄い人も多いだろうが、”世界で活躍する人気アーティストの番付”と位置付けだと理解するといい。

BTSより1位の多いアーティストの面々

上述のように、BTSの『アーティスト100』1位は16回目で、歌手全体では4番目に多い記録である。

BTSより多い記録を持つアーティストの面々を見てみると、

  1. テイラー・スウィフト(46回)
  2. ドレイク(31回)
  3. ザ・ウィークエンド(20回)

など、錚々たる顔ぶれ。

ちなみに、BTSより一つ下は、日本でも若い女性から高い支持を受けているアリアナグランデで、その回数は15回。

今週の『アーティスト100』、2位以下を見てみると、

  • ザ・ウィークエンド(2位)
  • テイラー・スウィフト(5位)
  • アリアナグランデ(4位)
  • ビリー・アイリッシュ(8位)
  • ジャスティン・ビーバー(12位)
  • ブルーノマーズ(50位)

など、世界的なアーティストの名前が確認できており、彼らの人気と名声ををおさえ、1位を制したBTSの”偉業”を改めて実感してしまう。



BTS

BTS(防弾少年団)は2013年6月13日にデビューした韓国の7人組男性アーティストグループで、パン・シヒョクのプロデュースにより誕生した。

HYBE(旧Big Hitエンターテインメント)所属。

デビューアルバムは『2 COOL 4 SKOOL』、デビュー曲は『No More Dream』。グループ名の”防弾少年団”には、10代、20代に向けられる抑圧や偏見を止め、自身たちの音楽を守りぬくという意味が込められている。

ハングル表記は”방탄소년단(バンタンソニョンダン)”から”バンタン”と呼ばれることが多い。

BTS プロフィール&記事(1588)

人気ニュース

BTS 動画をみる

最新ニュース

おすすめニュース