BTS(防弾少年団)は、2月中旬にラスベガス公演を行うことを発表し、これに合わせて韓国の旅行会社がエアテル商品を販売すると伝えた。3月3日の午後1時30分より、該当ホームページで発売が開始されたのだが、ワールドスターのチケット争奪戦に敗れたファンは、その費用をある場所で使ったという。

BTS(防弾少年団)は2月中旬、4月にラスベガスで対面コンサート『BTS PERMISSION TO DANCE ON STAGE – LAS VEGAS』を実施すると発表した。

3月には韓国で対面コンサートを開催するBTS

3月には韓国で対面コンサートを開催するBTS。こちらのチケットも、もちろん即日完売した。(写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

彼らがアメリカ公演を行うのは、約4カ月ぶりだ。

そんな中、韓国の旅行会社である韓進観光が、BTS公演観覧チケットと現地旅行ができる、*エアテル商品を販売すると告知。

*エアテル商品:AirとHotelを合わせた造語。

3月3日の午後1時30分より、自社ホームページで先着購入できると伝えた。

韓国在住のARMY(アーミー:BTSファン名称)は、これをゲットすべく気合いを入れたものの、販売数に対して購入を希望している人数が比ではないため、当然手に入れられなかったファンの方が多い。

残念ながらラスベガスに行くことができないARMYは、このために使う予定だった費用を、あることに利用したという。

韓国のオンラインコミュニティーに『今日チケット争奪戦に敗れたBTSファンがやったこと』というタイトルで立てられたスレッドに、その内容が書かれていたので以下に記載したい。

アメリカは行けないけれど‥

同スレッドには、SNSなどで「チケット確保に失敗した」という、ファンの報告(スクリーンショット)が多数掲載されている。

その1つ1つを見ると、

「〇〇(メンバーの名前)! 会いたかったけど、残念‥また次回に」

「チケットが取れなくて心が痛い」

「チケットを取ったARMY友! 楽しんできてね(泣)」

など、憂うつな内容ばかり。

しかしその後、彼・彼女たちが取った行動に、多くのネットユーザーが驚き、また反響を引き出した。

「チケット確保に失敗した」と報告したファンは、チケット代に充てようとしていた費用の一部を、現在戦争で苦しい想いをしているウクライナの子どもたちのために、寄付をしたというのだ。

また「以前から(BTSの)チケットの確保に失敗したら、(その費用を)寄付すると決めていた」と、使い道を失ってしまったお金を、BTSやファンのために善行に使っていると告白したファンも登場。多くのネットから賛辞を浴びた。

ユニセフに寄付をしたというあるファン(画像出典:theqooスクリーンショット)

このスレッドを見たネットユーザーからは、

「BTSがなぜ存在しているのか、ファンがなぜ彼らを応援しているのか‥その理由がよくわかりました」

「BTSのファンじゃないけど、推しのチケット確保ができなかったら寄付します!」

「恥ずかしくてSNSで公開できなかったけど、実は私もユニセフに寄付した」

「BTS、そしてARMY! 皆めっちゃ素敵! 本当にありがとう!」

という反応が寄せられた。





BTS

BTS(防弾少年団)は2013年6月13日にデビューした韓国の7人組男性アーティストグループで、パン・シヒョクのプロデュースにより誕生した。

HYBE(旧Big Hitエンターテインメント)所属。

デビューアルバムは『2 COOL 4 SKOOL』、デビュー曲は『No More Dream』。グループ名の”防弾少年団”には、10代、20代に向けられる抑圧や偏見を止め、自身たちの音楽を守りぬくという意味が込められている。

ハングル表記は”방탄소년단(バンタンソニョンダン)”から”バンタン”と呼ばれることが多い。

BTS 最新記事はこちら(2273)

この記事と関連度が高いトピック

現在読まれています!

最新記事

RECENT TOPICs