K-POPガールズグループBLACKPINK(ブラックピンク)のネイルアートを担当しているネイリストが、K-POPアーティストとの作業について言及。中でも「Kill This Love」のミュージックビデオの撮影が一番大変だったと、これまでの経験を語ったことが話題となっている。

グローバルアイドルグループBTS(防弾少年団)とLINE FRIENDSのコラボレーションキャラクターBT21のユニークなネイルアートで、ファッションに敏感な女性たちを釘付けにしたネイルアーティスト パク・ウンギョン氏。

彼女は、韓国だけでなく世界的に人気のあるネイリストの中の一人で、K-POPガールズグループBLACKPINK(ブラックピンク)のネイルアートも担当していることで有名だ。

BT21のネイルで話題になったパクウンギョン

パク・ウンギョン氏のBT21のネイルが話題(画像出典:パク・ウンギョン氏 Instagram)

最近パク・ウンギョン氏は、女性向けのライフスタイルメディア「Refinery29(リファイナリー29)」とのトークセッションで、BLACKPINKやその他有名なK-POPアーティストとどのように仕事をしてきたのか明らかにした。

長い間ネイル業界に携わっている彼女は、BLACKPINK以外にもTWICEなど様々なアーティストたちとミュージックビデオやアルバム、グラビア撮影などで作業を進めてきた。

普段はネイルチップを準備し、フルカラーでネイルをする際にはそこまで時間は掛からないと伝えたパク・ウンギョン氏。

しかし、特に難しい作業について「ミュージックビデオの撮影する際はとても大変です。多くのメンバーがいるため、より迅速に仕事をしなければなりません」と明らかにした。

さらに「「Kill​​ This Love」のミュージックビデオの撮影では、4日間の撮影でメンバーのネイルを20回(各メンバー5回ずつ)変えました」と説明しトークセッションのMCを驚かせた。

Kill​​ This Loveのネイルが大変だったと吐露したパクウンギョン

「Kill​​ This Love」のネイルが一番大変だったと吐露..(画像出典:パク・ウンギョン氏 Instagram)

パク・ウンギョン氏は、「Kill​​ This Love」以外にも「DDU-DU DDU-DU」のネイルアートも担当。

楽曲の雰囲気に合わせて、個性溢れるファッションの一部として表現されるように演出されたネイルアートに、パク・ウンギョン氏は「あらかじめ試案作業をして合わせておきました。撮影現場でイメージが変わることがあれば、そのルックに合わせて作ったりもしました」と語った。

自身の個性を示し、ファッションをより一層引き立たせてくれる素敵なアイテムであるネイルアート。

ショーやミュージックビデオに至るまで、ファンを魅了するBLACKPINKのネイルは、パク・ウンギョン氏の繊細で天才的な技術があったからだと言える。

パク・ウンギョン氏は、常に革新的で美しいネイルデザインを生み出していることはもちろん、K-POPアーティストとの作業や、シュプリーム(Supreme)・シャネル(CHANEL)・ヴォーグ(VOGUE)などのブランドとのプロモーション撮影に絶えず取り組み、ネイル好きな女性たちからの視線を惹きつけている。

一方、BLACKPINKは本日(10月18日)19時から放送の、テレビ朝日系列「ミュージックステーション3時間SP」で「Kill This Love -JP Ver.-」を披露する予定で、多くの日本のファンたちから期待が寄せられている。