新大久保に行くなら必須クーポン! 各種料理の割引クーポンから一品サービスクーポンまで! 今すぐチェックする人はこちら

「女性が憧れる女性」として絶大な人気を誇るBLACKPINK(ブラックピンク)。強烈なインパクトを放った「KILL THIS LOVE」のMVがKBSで放送に不適切だと判定された.. KBSが明かした放送不適切判定の理由に迫る。

開始早々強烈なブラスと壮大なドラム・サウンドで強いインパクトを与えたBLACKPINK(ブラックピンク / ハングル 블랙핑크)の「KILL THIS LOVE」。

BLACKPINK「KILL THIS LOVE」

BLACKPINK「KILL THIS LOVE」(画像出典:BLACKPINK official Twitter)

カリスマ性溢れるラップと感情的な歌声、迫力のある圧巻の映像美とハイクオリティな完成度で話題を集めた「KILL THIS LOVE」のミュージックビデオ(以下:MV)が、KBS(韓国放送公社)では見られなくなった。

KBSのMV審議の結果によると、BLACKPINKの「KILL THIS LOVE」をはじめ、BOMの「4:44」、キム・ドンハンの「FOCUS」、チョ・ジョンミンの「Ready Q」のMVが不適切な判定を受けた。

BLACKPINKの「KILL THIS LOVE」とパク・ボムの「4:44」のMVは道路交通法違反、キム・ドンハンの「FOCUS」は特定のブランド露出、チョ・ジョンミンの「Ready Q」は扇情性(せんじょうせい)問題で不適格判定をそれぞれ受けたという。

KBS側は「KILL THIS LOVE」の非適格判定の理由について詳細は述べなかったが、ネットユーザーたちはMVでロゼがシートベルトを着用せずに運転するシーンが道路交通法違反判定の理由だと推測した。

ファンが推測する問題のシーン?

ファンが推測する問題のシーン?(画像出典:KILL THIS LOVE キャプチャー)

不適格判定を受けたMVは、問題の部分を修正して再審議を受けるか、そうでない場合はKBSではMVを放送することが出来なくなる。

BLACKPINKは、以前にも1stミニアルバム「SQUARE UP」の収録曲「SEE U LATER」が、KBSで放送不可判定を受けたことがある。

審議を通過できなかった理由については、「SEE U LATER」の歌詞に登場する「犬の鳴き声」「チンピラ」「一発で終わったの」が問題となり、暴言・卑俗語・低俗な表現などが不可判定の理由となった。

以前にも不可判定を受けた楽曲が..

以前にも不可判定を受けた楽曲が..(画像出典:BLACKPINK official Twitter)

「KBS」は、韓国の地上波3社(他はMBC、SBS)の中で、放送審議に最も厳しい放送局として知られており、過去にもK-POPアーティストたちの様々な楽曲が放送不可判定を受けている。

一方、BLACKPINKの「KILL THIS LOVE」のMVは、YouTube再生回数3億7000万回(5月27日時点)を突破し、公式チャンネルの登録者数が2500万人を超えるなど、現在も驚異的な人気を誇っている。

BLACKPINK「KILL THIS LOVE」MV