新大久保に行くなら必須クーポン! 各種料理の割引クーポンから一品サービスクーポンまで! 今すぐチェックする人はこちら

韓国のニュース番組「ニュースA」は元BIGBANG(ビックバン)メンバーのV.I(スンリ)が性売買容疑を認めていたことを報道した。

BIGBANG(ビックバン)メンバーのV.I(スンリ / 本名 イ・スンヒョン / ハングル 이승현)が性売買の容疑を認めていたことが明らかとなった。

性売買を認めたことが報道された元BIGBANGメンバーのV.I

性売買を認めたことが報道された元BIGBANGメンバーのV.I(出典:SBS 뉴스公式YouTubeチャンネルキャプチャー)

性売買、売春斡旋、食品衛生法違反、横領の容疑をかけられるも先日14日に行われた拘束前被疑者尋問により拘束令状が棄却されたV.I。
V.Iの拘束令状のニュースは韓国のネット上で話題となり、世間の人々から多くの疑問と怒りを呼んだ。

このような世間からの怒りの声の中、5月18日韓国のニュース番組「ニュースA」は“14日に行われた令状事実審査の場でV.Iが性売買の容疑を認めていた”という事実を報道した。
警察調査では性売買の容疑を否定していたV.I。
そんなV.Iは警察側が証拠を補足し、拘束令状を請求した際にこれまでの主張を一転させ、性売買の容疑を認めたと報道された。

自身の容疑を認める際に「金銭を支払って風俗店の女性職員と性的関係を持ったことは性売買である。反省する」と語っていたというV.I。
また報道内では「芸能人として性売買の容疑をどうしても認めることが出来なかった」というこれまでV.Iが容疑を否認してきた理由も明らかになった。

今回の報道に対し韓国ネット上からは

「自分のことをまだ芸能人だと思ってるんだ」
「証拠が出たから仕方なく認めたように思えるけど。」
「認めるならもっと早く認めておけば良かったのに」
「体育館には反省をするために行ったってこと?」
「いきなり反省して、拘束令状が棄却されて直ぐに運動を楽しむ…本当に嫌気がさす」
「比較的に軽い罪を急に認めたような印象が消せないけど..」

等という厳しい声が上がった。

性売買、食品衛生法違反の容疑は認めたものの、横領容疑、売春斡旋容疑は否定し続けたというV.I。
一部ではV.Iが性売買、食品衛生法違反の容疑は認めたことについて“容疑を認めて反省することによって後日の裁判の過程で有利になると考えたのでは?”との見解も上がっているようだ。

複数のメディアは、今回比較的に処罰が軽いとされる性売買、食品衛生法違反の容疑を認めることによって、横領や警察との癒着などの疑惑から国民の関心をそらす意図があるのではと疑問を呈している。
横領や警察との癒着を水面下に沈ませるための策略ではないかという懸念には、ひょっとしたら性売買、食品衛生法違反だけで今回の国家的なスキャンダルが締めくくられるかも知れないという「恐怖心(?)」まで感じられる。


V.Iが性売買の容疑を認めていたことを報じる韓国ニュース番組「ニュースA」(動画出典:SBS뉴스 YouTube)