現在、強制わいせつ容疑を受けているB.A.P(ビーエーピー)出身のヒムチャンに対する公判が、新型コロナウイルス感染拡大の影響で4月に延期された。

去る16日、法曹界によると、今月18日にソウル瑞草区ソウル中央地方裁判所(刑事14単独審理)で行われる予定だった、B.A.P(ビーエーピー)出身メンバー、ヒムチャンの強制わいせつ容疑関連の公判が4月17日に延期された。

今回の公判延期は新型コロナウイルス感染拡大の影響によるものだと報じられている。

公判が延期されたヒムチャン

新型コロナウイルスの影響でヒムチャンの公判が延期されてしまった(写真提供:©スポーツ韓国)

ヒムチャンは2018年7月、南楊州市鳥安面にあるペンションで20代女性A氏に強制わいせつ行為をした疑いが持たれている。
該当容疑で在宅起訴された後、2018年9月に起訴意見で議政府地検に送致された。検察は昨年6月にヒムチャンを強制わいせつの疑いで在宅起訴した。

これに対し、ヒムチャンはA氏を共同恐喝の疑いで告訴し、江南警察署はA氏を起訴意見で検察に送致した。

ヒムチャンは「2人が好感を持っていたのは確かだ。同意ではないが、黙示的な同意があった」とし「強制わいせつではない。A氏の上半身を触ってキスしたことは事実だが、それ以上の身体的な接触はなかった」と検察の公訴事実を否認している。

一方、日本でのソロ活動準備中であるヒムチャンは、5月16日に熊本県で開催される日韓の友情をテーマにした’KFES in ASO 2020’への出演を予定している。
新たな門出までに自身に降りかかった疑いを晴らしたいところだが、新型コロナウイルスという思わぬ余波で公判が延期になってしまった。

ヒムチャンは、2012年にグループB.A.Pの一員として芸能界にデビュー。しかし、バン・ヨングクをはじめジェロがチームを脱退すると、続いてヒムチャン、デヒョン、ヨンジェ、ジョンオプも所属事務所のTSエンターテインメントと専属契約を終了。これによりB.A.Pは事実上の解散を迎えている。

ⓒ 한국미디어네트워크 提供(http://sports.hankooki.com/)
本記事は韓国MEDIA NETWORKが運営するスポーツ韓国の記事内容の一部あるいは全部 及び写真や編集物の提供により作成されております。


この記事と関連度が高いトピック

現在読まれています!

最新記事

RECENT TOPICs