ASTRO(アストロ)が初のフルアルバムでカムバックした。

ボーイズグループASTRO(アストロ)が、初のフルアルバムをリリースし、カムバックした。

ASTRO

ASTRO(出典:Twitter)

16日午後、ソウル・COEXアーティウムで、初のフルアルバム「All Light」のショーケースを行った。1年2ヶ月ぶりという長い空白期間を経て、完全体でカムバックしたASTROは、“インターネット上のボーイフレンド”を表す“LANケーブル彼氏”と呼ばれたいと語った。

初のフルアルバム「All Light」のショーケースを行ったASTRO

初のフルアルバム「All Light」のショーケースを行ったASTRO(写真提供:スポーツ韓国)

これまでASTROは、さわやかなイメージが強かった。しかしメンバーのムンビンは「4thアルバムまでは爽やかな感じの曲をたくさん披露してきた。今回は違った変化を試みたというよりも、僕たちが水であれば、複数のカラーを入れてよく調和される様子を見せたかった。過去のアルバムから新しい感じを見せようと、今回の曲もそんな延長線上にある」と伝えた。

タイトル曲「All Night」は、ミニマルなピアノの旋律に、中毒性のあるメロディーが印象的な楽曲で、深夜愛する恋人の連絡を待って、一晩中電話していたい一人の男の心を表現している。

メンバーのチャ・ウヌは、ASTROの空白期にJTBCドラマ「私の名前は江南美人」で大きな人気を得て、久しぶりにカムバックするとあって、多くのファンから注目を集めている。

チャ・ウヌ

チャ・ウヌ(写真提供:スポーツ韓国)

一方、デビュー3年で初めて発売したASTROのフルアルバムには、タイトル曲「All Night」をはじめ、メンバーのジンジン、MJがともに参加した自作曲「피어나(咲く)」をはじめ、10曲が収録された。16日午後6時、各種音源サイトを通じて公開された。


ASTRO「All Night」M/V
[korea_sns_button] [reaction_buttons]