2NE1出身のソロ歌手MINZY(コン・ミンジ)が、約8年ぶりにトークショーに出演。同じく2NE1のメンバーだったサンダラ・パクと厚い友情を交わしながら、活動当時の心境を涙ながらに語った。

2NE1出身のMINZY(コン・ミンジ)が、「本当にブス。どうして歌手になったの」など、容姿に対する悪質コメントに傷ついた過去を回想した。

7月7日に放送されたMBC every1『ビデオスター』では、2NE1出身のソロ歌手コン・ミンジが約8年ぶりにトークショーに出演し、今まで伝えられなかった真実を伝えて涙を見せた。

2NE1出身のコンミンジ

2NE1出身のコン・ミンジ(画像出典:コン・ミンジ Instagram)

コン・ミンジは、2NE1で活動してた当時「本当にブス。何故歌手になったの」という悪質コメントにひどく傷つき、歌手として活躍するためには実力が重要だと思っていたが、幼い頃にそのコメントを見た時、大きなショックを受けたという。

これに、コン・ミンジは「私そんなにブスでした?平均以下でした?」と打ち明けた。

サンダラパクとコンミンジ

サンダラ・パクとコン・ミンジ(画像出典:コン・ミンジ Instagram)

2003年頃から各種ダンス大会で優勝するなど頭角を現わし、YGエンターテインメントの目に留まったコン・ミンジは、2009年、女子高生の時に2NE1の末っ子として歌謡界にデビュー。その後2016年5月にチームを脱退した。

脱退するとすぐにネットユーザーから“裏切り者”と言われ、事実無根の噂なども浮上。心に傷を負ったコン・ミンジは「しばらくインターネットを見ないようにしていました。とても苦しくて」と語ると、同じく2NE1のメンバーだったサンダラ・パクも涙を見せた。

コン・ミンジは、サンダラ・パクに向けて「ダラオンニ(お姉さん)に話したいことがある」とし「メンバーの中でダラオンニがお母さんのような役割を沢山してくれました。常に皆に気を使って配慮してくれたから」と感謝の気持ちを伝えた。

これに対し、サンダラ・パクは涙を流しながら「私は気立てが優しい性格ではなかったので、2NE1で活動していた時、ミンジに沢山気を使ってあげられなくてごめんね」と率直に打ち明けて注目を集めた。

サンダラ・パクとコン・ミンジ

涙を見せたサンダラ・パク(左)とコン・ミンジ(右)(画像出典:YouTube ALL THE K-JAM 올더케이잼動画キャプチャー)

コン・ミンジは過去にも「ヤン・ヒョンソク元YG代表から“本当にブスだ”という言葉を何度も聞き、ネットでも“ブサイクなガールズグループ”とレッテルを貼られ苦しめられた」と語ったことがある。

年頃の女の子に対して、容姿に関する発言は冗談でも許されないことだと思う。だがコン・ミンジは、自身のメンタルと戦いながらステージで明るい笑顔を見せて耐え抜いてきた。幼い年齢で、彼女はどれほどツラい思いをしていただろうか。

そんな、苦しい状況で感じた感情を少しずつ記録し、それらを集めて作詞に挑戦したコン・ミンジは、最近3年ぶりとなる新曲『LOVELY』でカムバック。歌詞には同じように苦しい思いをしている人々への癒しのメッセージが沢山込められており、コン・ミンジの温かくて繊細な気持ちが胸に響く..


ミンジがサンダラ・パクへ伝えたかったこと・・(動画出典:ALL THE K-JAM 올더케이잼)

コン・ミンジ(MINZY)『LOVELY』MV(動画出典:Stone Music Entertainment)