グローバルな人気が止まらないBTS(防弾少年団)が、韓国アーティスト初のアメリカ「TIME」誌の表紙を飾った。

10日(現地時間)、アメリカ「TIME」は公式ホームページを通じてBTSとのインタビューとともに、表紙を公開した。

米「TIME」誌の表紙を飾ったBTS

米「TIME」誌の表紙を飾ったBTS(出典:Twitter)

「TIME」は「BTSが世界を征服する方法」というタイトルの記事を公開。「BTSはビートルズとワン・ダイレクションのように聞きやすい音楽で、ニュー・キッズ・オン・ザ・ブロックとイン・シンクを連想するダンスを見せたが、BTSだけの新たな道を開拓している」と絶賛した。

BTSが世界を征服する方法...!

BTSが世界を征服する方法…!(出典:time.com)

TIME誌 BTS記事ページ

また「BTSはK-POPに一線を引いたパン・シヒョク代表によって作られた」とし「パン・シヒョク代表がメンバーを補完し、プロデューシングを行って、BTSが完成した」と表現した。

「IDOL」の歌詞は現在BTSの地位を示しているのではという質問に、RMは「僕は自分自身を愛することがBTSのアイデンティティの中心」だとし「人生には多くの困難があるが、自分自身に満足して人生を生きることが最も重要だ」と語った。

シュガは「ミュージックビデオやSNS、歌詞などを通じてメッセージを送っていて、ファンの方たちは熱心に翻訳をして、広く知らせてくれている」とし「共感できるものを作ろうと努力している」と述べた。また「言葉の壁があっても、音楽に対するファンの反応は全く同じ」とし「音楽は僕たちをひとつにしてくれている」と伝えた。

ジミンは「僕たちが観客の方たちにエネルギーを与えるけれど、僕たちもいただいている」と感謝を伝えた。

最後にシュガは「いつかスーパーボウルでの公演をするチャンスが来たらうれしい」と希望と目標を語った。

一方、BTSは13日(現地時間)、オランダ・アムステルダムで「LOVE YOURSELF」ツアーを続けていく。

▼米「TIME」誌の表紙を飾ったBTSについて報じる韓国ニュース▼

この記事はお役に立ちましたか?
  • 役に立った (2)
  • 普通だった (0)
  • 役立たず (0)