猛威を振るっているコロナウイルス感染症に感染した疑惑が浮上していた韓国のキム・ミナアナウンサー。自身のインスタグラムを通じて検査結果が陰性であった事を伝えた彼女の当時の心境告白に注目が集まっている。

新型コロナウイルスに感染した疑惑が浮上していたアナウンサーの検査結果と当時の心境が話題だ。

新型コロナウイルスに感染したとの疑惑の浮上により、多くの注目を集めていた韓国のキム・ミナ(ハングル 김민아)アナウンサー。
本人と関係者達が自宅隔離措置を取っている中、昨日24日に彼女のコロナウイルス感染症の検査結果が陰性であった事が分かった。

コロナウイルス感染症の疑惑が浮上したアナウンサーが語る恐怖

コロナウイルス感染症の検査結果が陰性であった事が確認されたキム・ミナアナウンサー(出典:キム・ミナ公式INSTAGRAM)

自身のインスタグラムを通じてこの事実を世間に伝えた彼女。

同時に“自身にコロナウイルス感染の疑惑が浮上した際に周囲に与える影響や、世間からの声が怖かった”と当時の心境を明らかにした。

そのような不安を抱きながらも少しでも“自身がコロナウイルス感染症である可能性があるのであれば安心できない”、と判断した彼女は、即座にその場を離れることを決めたとのこと。

そんな彼女を待ち受けていたのは世間からの批判の声であった。

コロナウイルス感染症の疑惑が浮上したアナウンサーが語る恐怖

コロナウイルス感染症疑惑に包まれた当時の心境を語ったキム・ミナアナウンサー(出典:キム・ミナ公式INSTAGRAM)

検査結果を待つ間、’感染者’、’スーパースプレッダー(二次感染を引き起こす人)’と決めつけた人々からの非難の声が殺到していた、という事を投稿内で明らかにしたキム・ミナアナウンサー。
このことを”非常に辛かった”と語りながらも彼女は“それでも自身のとった判断は最善であった”と当時の判断に後悔がないことを明かした。

彼女の心境告白を受け、韓国ネット上からは

「キム・ミナの対処は極めて賢明だったと思う」
「非難される部分なんてないのに…」
「彼女の賢明な対処は多くの人々の見本になったと思う」
「コロナにかかって非難されるのは感染よりも怖いかもしれない…」
「自覚症状がありながら放置してウイルスを伝搬させる人がいる一方で、キム・ミナさんの対応は本当に賢明だった」

と、勇気ある彼女の判断への称賛の声が非常に多く聞かれてる。

自身がコロナウイルス感染症であるかもしれない、との疑いが生じた瞬間のキム・ミナアナウンサーの不安感と恐怖はとてつもないものであったであろう。
その状況の中で最善の判断を行なったにもかかわらず彼女に多くの非難の声が届けられたという事実は、今後周囲からの非難を恐れ、検査に踏み切れない人の増加に対する懸念を深めた。

ウイルスに対する恐怖が怒りや憎しみへと変化し、感染してしまった人に向けられるというこの状況は、更なる現状の悪化を招いてしまう可能性が高いことが推測される。

尚、今回コロナウイルス感染症の検査結果が陰性である事が確認されたキム・ミナアナウンサーは本日25日より放送活動に復帰しているとのことだ。