映画『発信制限(原題)』(監督:キム・チャンジュ)に出演するチョ・ウジンとイ・ジェインが、爆発的な演技力と完璧な呼吸で、リアルな父娘のケミストリー(相性)を披露する予定だ。 (写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

*忠武路(チュンムロ)の代表的な演技派俳優として知られ、また日本では、tvN(Netflix)ドラマ『トッケビ~君がくれた愛しい日々~(2016)』のキム秘書として、知名度が拡まったチョ・ウジン。そんな彼の、イ・ジェインと主演を務めた映画『発信制限』の公開が控えている。

*忠武路(チュンムロ):ソウル市中区にある道のこと。過去に映画関連の会社や劇場が集まっていたことより、”韓国映画界”を指す言葉として使われている。

本作は、リアルな父娘のケミストリーを披露する。銀行センター長の“ソンギュ”(チョ・ウジン)が、子供たちを登校させていた出勤途中の朝に、「車から降りる瞬間に爆弾が爆発する」という謎の非通知電話を受け、危機に陥ることになる都心追撃スリラーだ。

キム秘書として知られるチョ・ウジンは韓国では有名な演技派俳優だ。

トッケビの”キム秘書”として知られるチョ・ウジンは、韓国では有名な演技派俳優だ。(写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

映画『インサイダーズ/内部者たち(2015)』、『国家が破産する日(2018)』、『鳳梧洞(ポンオドン)戦闘(2019)』など、作品ごとに観客の視線を奪う完璧なキャラクターを披露したチョ・ウジンは、映画『発信制限』で非通知電話を受け、危機に陥った銀行のセンター長であり、2人の子供の父親“ソンギュ”役を演じている。

チョ・ウジンは、プロフェッショナルな銀行センター長の姿から、爆弾テロから子供たちを守るために死闘を繰り広げる一家の大黒柱の姿まで、様々な演技スペクトルを披露する予定だ。

映画『サバハ(2019)』を通じて、観客に強烈な存在感を放ち、10代の演技派俳優になったイ・ジェインは、父“ソンギュ”と登校する娘の“ヘイン”役を演じた。イ・ジェインは、ワーカホリックの父が理解できないという、不愛想な演技から、危機の瞬間に父を助けようとする強靭な姿まで、リアルな娘“ヘイン”を完璧に表現。細かな感情の演技で、現場の皆を驚かせたという。

チョ・ウジンと息の合った演技を見せた若手俳優、イ・ジェイン。

チョ・ウジンと息の合った演技を見せた若手俳優のイ・ジェイン。

これほどの、信じられる演技力を持っているチョ・ウジンとイ・ジェインであるだけに、2人の俳優が完璧な演技と呼吸、また父娘のケミストリーに耳目が集まっている。2人は完璧な父娘を演じるために、現場でたくさんの会話を交わし、その結果リアルな父と娘が思い浮かぶような、誰もが共感できる場面を完成させた。

忙しい父と、思春期の娘の気まずい仲を詳細に描き出したのはもちろん、謎の発信者からの脅威を高め、災難の状況に直面した時、2人の演技の阿吽の呼吸が爆発、緊張感と強い家族愛まで感じられるように作ったことを予告し、チョ・ウジンとイ・ジェインの出会いにより、さらに大きな期待がかかっている。

イ・ジェインは「チョ・ウジンさんが、現場で持っていた感情が自分にも感じられ、緊張感のある状態を維持することができ、没入感溢れるメソッド演技を、たくさん学んだ」と話す。チョ・ウジンも「イ・ジェインさんが持つ根性と演技の探求心、研究しようとする姿勢が、僕にも刺激になった。僕が10代に戻ったら、あんな風にできるだろうかと思うほど、現場でいつも僕を驚かせた」とイ・ジェインの情熱に対して賛辞を送った。

映画『発信制限』は、今年の6月に韓国で公開される。

ⓒ 한국미디어네트워크 提供(http://sports.hankooki.com/)
本記事は韓国MEDIA NETWORKが運営するスポーツ韓国の記事内容の一部あるいは全部 及び写真や編集物の提供により作成されております。



人気ニュース

韓国俳優 動画をみる

最新ニュース

おすすめニュース