先日、イ・ビョンホン対にする私生活が暴露されて大きな話題になった。しかし、現在では暴露に流されずむしろイ・ビョンホンに対する評価が急上昇しているという。それには、これまでイ・ビョンホンが積み重ねてきた‘確実な行い’に理由があった。

1月22日、イ・ビョンホン(ハングル 이병헌)が主役を演じた映画「南山の部長たち(原題 남산의 부장들)」が公開されたのだが、このような渦中に彼のプライベートに関する話が暴露されたのはつい先日のこと。

かなり衝撃的な暴露だったのだが、イ・ビョンホンに対する評価は落ちることなく、むしろ急上昇している。

果たして、何故なのか。‘やっぱり!イ・ビョンホンは一味違うと思った!’と、つい唸ってしまうような内容を紹介したいと思う。

イビョンホン、プライベートを暴露されるもイメージは急上昇

イ・ビョンホン、プライベートを暴露されるもイメージは急上昇(写真提供:©スポーツ韓国)

これに先立ち、歌手キム・ゴンモの性的暴力を暴露したYoutubeチャンネル‘縦横研究所(ハングル 가로세로연구소)’が、キム・ゴンモの妻であり、ピアニストであるチャン・ジヨン氏が過去にイ・ビョンホンと交際・同居していたと暴露した。

(関連記事)イ・ビョンホン、韓国の国民歌手の妻と過去同居していた? 波紋を呼んだ暴露

縦横研究所は、この他にも過去にイ・ビョンホンが交際していたとされる女優ソン・ヘギョや、熱愛説が噂されたキム・テヒ、ユン・ウネ、キム・ミニ、チェ・ジンシルなど多くの女優の名前をあげて‘イ・ビョンホン下げ’と言っても過言ではないほどのスキャンダルを伝えた。

普通の俳優ならば、これほど多くの女優の名前を言及されて、スキャンダルを暴露されたら致命傷になるだろう。

しかし、やはりトップクラスの俳優であるイ・ビョンホンは、悪いスキャンダルの噂よりも、それを上回るほどの善行を行ってきたことによる‘確実な証拠’によって、暴露があっても評判が流されない理由があった。

韓国媒体WIKITREE(ウィキツリー)によると、最近あるオンラインコミュニティーに‘イ・ビョンホンが業界で評価が良い理由’という掲示物が投稿されたそうだ。

そこには、2017年9月に日刊スポーツで報じられたイ・ビョンホンに対する業界関係者たちのインタビューが掲載されていた。

当時、ある製作会社の関係者はイ・ビョンホンに対して「製作会社がイ・ビョンホンを好きな理由は、作品に対してアイディアを出して事前協議をするが、撮影に入ると新人監督でも無条件で監督の指示に従う」とコメント。

さらに「イ・ビョンホンは物凄い努力家だ。手ぶり、足の動き、銅線の一つ一つをしっかり計画する。トップ俳優なのに、このような俳優は初めて見た」と伝えた。

トップ俳優の中でも、荒っぽい言葉で上から物を言い、監督と衝突する俳優も多いと言われている中で、イ・ビョンホンはたとえ監督が新人でもスムーズに作業をして、一般のスタッフにも丁寧に対応することで、完璧な俳優だと評価されている。

このように、トップクラスの俳優になっても監督の言うことを素直に聞く姿勢や、日頃から周囲の人々たちを大切にしてきた姿が、今日のイ・ビョンホンを作り上げている理由とも言える。

ところで、‘縦横研究所’はイ・ビョンホンが多くの女性と熱愛説が噂された原因の一つとして「魅力的すぎる声のせい」と伝えている。

イ・ビョンホンと話をしていると、まるで‘私のことが好きなのか?’と錯覚に陥ってしまう程で、男性でもそう感じるのだから、女性たちはさらに錯覚に陥るのだろう、それによって恋愛していると勘違いしてしまうのだろう..と。

イ・ビョンホンが、多くの女性たちを翻弄している理由とされる‘魅力的な声’は、逆に言えばイ・ビョンホンの長所とも捉えられ、ネットユーザーの間では「イ・ビョンホンの甘い声で恋愛の錯覚に陥りたい」という女性も見受けられ、‘イ・ビョンホン下げ’どころか評価が爆上げとなっているというわけだ。