映画『イルマーレ』、『オールド・ボーイ』、『アジョシ』‥これらの共通点は、アメリカのハリウッドでリメイクされたという点だ。近年もハリウッドでは数多くの外国語映画がリメイクされており、新たに韓国映画がハリウッドで蘇ろうとしている。

米アカデミー賞で作品賞を含む4冠に輝いた大ヒット映画『パラサイト 半地下の家族』(2020)のポン・ジュノ監督が、韓国映画『海にかかる霧』(2014)ハリウッドリメイク版の制作に、参加するというニュースが飛び込んできた。

映画『海にかかる霧』は、2001年に実際に起きた”テチャン号事件”を基にした舞台劇を、ポン・ジュノ監督がプロデュースし、映画化が実現した作品だ。

これを機に、3人の主役‥ポン・ジュノ、キム・ユンソク、パク・ユチョンの思いを振り返ってみる。

『海にかかる霧』あらすじ

韓国映画『海にかかる霧』

映画『海にかかる霧』ポスター(写真提供:©スポーツ韓国)

おんぼろ漁船”チョンジン号”の指揮を執るカン船長(キム・ユンソク)は、船員たちの生活のかかった船を守るため、乗組員たちに中国からの密航を手伝う提案をする。命をかけて海を渡ってきた朝鮮族の密航者たち、彼らと同じ船に乗ることになった6人の船員たち‥。

そしてその夜、濃い海霧がチョンジン号を襲い、彼らは思いもよらぬ事態に遭遇することになる――。

(関連動画)パク・ユチョン、キム・ユンソク主演 韓国映画 ‘海にかかる霧’ 予告編

3人の主役

映画が公開された当時、メディアや映画ファンから注目を浴びた3人の”主役”がいる。
韓国を代表する名監督の一人ポン・ジュノ氏と人気俳優キム・ユンソク、そしてアイドルとして一世を風靡し、役者としてもその可能性を評価されていたパク・ユチョンである。

ポン・ジュノ

ポン・ジュノ

ポン・ジュノ(写真提供:©スポーツ韓国)

興行性と作品性を併せ持った作品を手掛けることで有名な、ポン・ジュノ監督が、制作と共同脚本で参加している。

ポン監督は、当時のインタビューで「『海にかかる霧』は、満足のいく出来となった。俳優、スタッフが頑張ってくれた。良い経験をしたようだ」と述べ「今回初めて制作で参加したが、おそらく『海にかかる霧』が、私にとっては最初で最後の制作作品になるのではないかと思う」「もともとやっていた演出をしながら、脚本も書かなければならない制作はとても大変で難しい」と語っていた。初めての制作作品に自信を見せていたポン監督だったが、結果は残念ながら、二兎追って一兎も得ない結果で終わってしまった。

リメイク版でも制作を陣頭指揮するが、汚名返上はできるのか。韓国映画界の”巨匠”としての力量が問われるところだ。

キム・ユンソク

キム・ユンソク

キム・ユンソク(画像出典:movie.naver)

韓国映画界で、中年男性俳優の影響力は絶対的。映画『オールド・ボーイ』(2003)、『バトル・オーシャン 海上決戦』(2014)のチェ・ミンシク、映画『殺人の追憶』(2003)、『パラサイト 半地下の家族』(2019)のソン・ガンホとともに、チケットパワーを誇るキム・ユンソクが、「このようなストーリーとキャラクターが、中心になってしっかりと調和する映画に出会うのは容易ではない。一度そんな作品に出会うと、見逃すことができない作品があるが、それが『海にかかる霧』だ。私のフィルモグラフィーになくてはならない作品だ」とまで語り、自信に満ち溢れていた。が、観客動員数1760万人を記録したチェ・ミンシク主演作『バトル・オーシャン 海上決戦』に大敗を喫す結果となる。

パク・ユチョン

パク・ユチョン

パク・ユチョン(画像出典:movie.naver)

この映画で一番評価を受けたのが、パク・ユチョンだ。アイドルから俳優に変身し、ドラマでは好成績を残すが、映画出演については首をかしげる人が多かった。しかし、この映画の監督、シム・ソンボ監督は違った。パク・ユチョンが出演したドラマをすべて見るほど、彼がお気に入りの俳優で、監督自らキャスティング。そしてパク・ユチョンは、監督の期待に応えるかのように、世間の人々の不安を払拭するほど成長した演技を見せ、華麗なる銀幕デビューを飾ることとなった。

制作発表会でポン監督は、パク・ユチョンに対し「優れた映画俳優を、映画界が得ることができてうれしい」と絶賛。またキム・ユンソクは「(パク・ユチョンは)ただきれいで、可愛らしいだけだと思ったが、”男”だった」と評価した。そしてこの年『第51回 大鐘賞』新人男優賞、『第35回 青龍映画賞』新人男優賞など、新人賞だけで9冠を独占するという偉業を成し遂げた。

新人男優賞を受賞したパク・ユチョン

『第51回大鐘賞』で新人男優賞を受賞した際のパク・ユチョン(画像出典:YouTube動画キャプチャー)

当時パク・ユチョンは「アイドル出身という周りの視線が辛かった」「パク・ユチョンが演技することに対して、大衆が必要性を感じなかったら悲しい。そんなプレッシャーがあった」と告白。さらに「アイドル出身なので、良い点は僕が好きなスタイルの音楽が、演技に役立つということだ。演技をしながら、むしろ音楽を色々聴くようになった。感情も和やかで、落ち着いた雰囲気を引き出すために、音楽は必要なもの」と話している。

今後は歌手活動とともに、映画にも出演していきたいと語っていたが、その後の相次ぐ不祥事(賛否はあるが‥)がなかったら、彼の役者人生はどう変わっていたのだろうか。キム・ユンソクも「基本的に演技に対する姿勢や、共同作業に対する姿勢が本当にしっかりしている」「兵役を終えて戻ってきたら、もっとうまくやれるだろう」と激励の言葉を述べていただけに、兵役後、彼が演技する姿を見られていないことが残念でならない。

ハリウッド版『海にかかる霧』は、ポン・ジュノ監督とシム・ソンボ監督が共同で脚本を執筆し、制作にも参加。そして英国映画『最悪の選択』のマット・パーマー監督が、演出と脚本を手掛ける予定だ。